太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電アドバイザー試験とは?

陽光発電の導入を検討しているあなたへ、あるいは興味を持っているすべての方へ。
あなたは、太陽光発電についての情報をどこで仕入れて、何を元にどう判断しますか?
その情報は正しいですか?正しいって言える根拠は何ですか?その業者の言葉は真実ですか?
多くの方が生半可な知識を元に判断を下して太陽光発電の導入で失敗したり、後悔したり、割高な買い物をしたり、何かしらのトラブルを抱えているものです。そういったミスマッチやトラブルを避けるために、私は「太陽光発電アドバイザー」という住宅性能検査協会が認定する資格を取得しました。太陽光発電アドバイザーは民間資格ですし、歴史も浅いのであまり信頼性は高くないかもしれませんが、業界唯一の第三者機関、準公的機関が認定する資格です。また太陽光発電アドバイザー資格取得者は、専門知識があることも求められますが、資格取得後の活動についてもしっかりと規定されています。もちろんアドバイザーすべての人が信頼に足る人間であるとか、アドバイザーの言うことは間違いないというつもりはありませんが、何も基準のない太陽光発電業界にあっては、唯一の指標、目安とはなるのではないでしょうか?ここでは、太陽光発電システム導入に関する理解度を客観的に評価・認定する太陽光発電アドバイザーの意義と価値、合格基準などについて解説したいと思います。

併せて、認定資格太陽光発電アドバイザーとは何か?もご確認ください。

 

太陽光発電アドバイザー資格とはどんなものか?

太陽光発電アドバイザー合格証

太陽光発電アドバイザー資格は、1年2回(5月、11月)日本住宅性能検査協会により実施される民間資格です。2012年の開始から、現在まで4回実施(2014/10時点)され、年間受験者数は3,500名超、合格率は50%前後となっています。※ちなみに、当サイト管理人秋山慎也は、2013年5月の第2回アドバイザー試験に合格しました。右の写真が合格証です。クリックすると拡大別ウインドウで拡大した画像が表示されます。正直、資格試験自体は、そんなに難易度の高いものではありませんが、それでもきちんとしたトータル的な知識がないと合格するのは難しいでしょう。確かに合格率は50%ですが、まだ認知度が低い上に、実生活においてはほぼ役に立つことはないので、基本的には太陽光発電関連業者が受験します。つまり、太陽光発電を職としている人が受験して半分落ちるというわけなので、逆にいうときちんとした知識が必要であることがお分かりいただけると思います。

太陽光発電ビジネスでの必要な知識整理

太陽光発電アドバイザー資格取得に必要な知識は大きく分けて3つに分類されます。
(1)太陽光発電の概要・しくみ
まず再生可能エネルギーや地球温暖化などに関する全般的な知識や、太陽光発電の原理・市場動向についての理解が必要となります。
(2)太陽光発電の導入及びシステム設置
つぎに重要なのが、太陽光発電の導入に当たっての準拠法やシステム設置での建築関係の知識です。例えば、契約に関しては民法の契約・消費者契約法・製造物責任法等、設置・施工に関しては、建築基準法・電気事業法を理解することが必要になります。さらに太陽光システム導入における補助金制度・買取制度、システム設計基準や、建築構造に関する知識も重要になります。
(3)現場調査・安全管理および実務上の注意点
そして太陽光発電設置に当たって必要となる、現場調査・付帯工事・安全管理などについて、またシステム導入における注意点についても理解度を問われます。

太陽光発電アドバイザー試験を受験するメリット

本資格の取得メリットとしては次のような点が挙げられます。これは、あまり関係ないかもしれませんが、もしあなたが太陽光発電アドバイザー試験を受験しようと考えているとしたら、という前提で書いてみます。ちなみに、試験に合格するためには、太陽光発電アドバイザー公式テキストと問題集みたいなのがありますので、それを買って勉強してみてください。問題集の問題をすべて理解できるようになれば、ほぼ合格といってよいでしょう。
(1)顧客からの信頼感向上
あなたが太陽光発電施工業者である場合、顧客の太陽光発電に関する相談にのり、導入にあたっての不安を取り除いてあげることで、顧客からの信頼につながるでしょう。信頼を得るというのは、非常に大切なことです。顧客に「売るための」信頼では、信頼は得られません。ただでさえ怪しい業界なので、少しでも安心感を提供したいという心構えが大切です。信頼を得たくて資格をとっても、信頼を得ることはできないでしょう。なぜなら、あなたが信頼を与えてものを売ろうという姿勢を持っている=利己的=信頼できないからです。逆に、安心感を与えるための資格であれば、あなたの信頼性のバックアップという意味で意味を持つでしょう。
(2)投資判断力向上
もしあなたが太陽光発電の導入を検討中のであれば、太陽光発電とそれに係る制度や法律についてより深く理解することができれば、その投資の適切性について、より正確に判断できるようになるでしょう。もちろん、必ずしも受験する必要はありません、ただ参考までに、です。
(3)人的ネットワーク
太陽光発電アドバイザーの資格を取得すると、NPO法人太陽光発電所ネットワークの正会員に優先的に加入できます。本ネットワークへ登録を行うと会員同士の交流イベントへの参加等を通じ、同じ目標を持つ他の会員との人的ネットワークを広げることができるでしょう。ちなみに私もNPO法人太陽光発電所ネットワークに加盟しています。




太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電アドバイザー試験の概要、意義と価値|太陽光発電のいろはみちしるべ関連ページ

認定資格太陽光発電アドバイザーとは何か?
当サイトは、特定非営利法人住宅性能検査協会認定の太陽光発電アドバイザー秋山慎也が運営しています。太陽光発電アドバイザーというのは、一体どんな資格でしょうか?そもそも、信頼できるのでしょうか?
はじめに|太陽光発電のいろは「みちしるべ」使い方
太陽光発電のいろは「みちしるべ」にようこそ!ここでは、当サイトの特徴と使い方を解説しています。満足いく太陽光発電の導入、あるいは導入しないという決断に向けて、サポートさせていただきますので、しっかりとご覧いただけたら幸いです。
運営者情報
太陽光発電.com運営者情報について掲載しています。サイト作成の思いとプロフィールです。