太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電の販売業者選びは極めて重要です。

太陽光発電の販売業者について
及が加速する太陽光発電は、さまざまな業者がどんどん増えています。

古くから工務店として営業していた業者が太陽光発電を取り扱い始めたり、
ヤマダ電機をはじめとする家電量販店が売り始めたり、メーカーのFC代理店などの専門業者であったり、
あるいは地場の電気屋さんが太陽光発電を売っていたり。

一言で太陽光発電販売業者といっても、本当にたくさんの業態があります。

太陽光発電の市場を牽引してきた人たち

太陽光発電はそもそも訪問販売を中心に普及してきた歴史があります。

それは、太陽光発電は自宅の屋根に取り付けることが多かったため、
セミオーダーメード商品のため店頭展示では売りにくい欠点を、現地調査もその場でできる訪問販売が、
解消することができたことから販売方法として相性がよかったことが理由です。

また、太陽光発電だけでは採算性が合わず、オール電化と組み合わせるなどしなければ、
太陽光発電単体では、よほど環境意識が高いか新しい物好きの方でないとメリットが少なかったため、
訪問販売という強力な営業力で販売する必要があったのです。

住宅用に太陽光発電が登場してからおおよそ30年くらいが経過して、
太陽光発電の価格相場は格段に下がり、全量買取制度を中心とした補助政策も整ったことから、
爆発的に太陽光発電が普及してきて、販売する業者もぐんと増えました。

市場での認知度が上がり、お得であることが認識され、
訪問販売でなくても、売れるようになってきたのです。

新規で販売業者がものすごい勢いで増えるということは、
玉石混交、よい業者もあれば悪い業者もあるということであり、
いずれは市場原理が働いて、一定以上の割合の販売業者が(新旧問わず)、
淘汰されることになる、
ということを示しています。

つまり、ますます太陽光発電は販売業者選びは慎重にしなくてはいけなくなったということになります。

選択肢が広がって、消費者としてメリットが多くなる一方で、当然リスクも多くなるということです。

当カテゴリの担っている役割

このカテゴリでは、太陽光発電の販売業者について、
その業態や歴史からさまざまな進化の過程、当サイトおススメの業者まで、
幅広くかつ詳しく解説しています。

太陽光発電の業者選びは、非常に重要です。
末永くお付き合いでき、かつ適切な商品を正確な工事で適切な価格で提供してくれる、
あなたに合った業者を選ぶ必要があるのです。

このカテゴリ内で解説している内容をじっくりと読んでいただき、
あなたにとってもっともよい業者を選ばれてください。

※太陽光発電の販売業者選びについては、別途記事を準備しています。
高確率で優良な太陽光発電の販売店を見つける方法をご参照ください。



太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電の販売業者について記事一覧

現代社会では、とても嫌がられ悪徳業者と勘違いされることが多い、訪問販売業者。実はこれまで太陽光発電市場は、訪問販売業者が牽引してきました。それは、太陽光発電には次のような特性があったからです。価格が高く採算性が低かった認知度が低く、ニーズが薄かったセミオーダー商品で、販売に際して詳細な説明が必要だったオール電化と抱き合わせることでメリットがあるように見せられた自宅の屋根に取り付けるため、現地調査を...

出典:イメージは、ウィキペディアから家電量販店は、電化製品を購入するお店として慣れ親しんできた、消費者から見れば非常に安心で信頼できる、太陽光発電の販売業者です。家電量販店最大手のヤマダ電機をはじめとしてほとんどの家電量販店が、2011年ころから太陽光発電の取り扱いを開始しています。冷蔵庫や洗濯機、ドライヤーなどが「使用することで製品の目的を遂げられるもの」であるのに対して、太陽光発電は、「設置し...

パナソニックや東芝、日立、サンヨーといった電機メーカーの看板を掲げた街の電気屋さん。30年くらい前までは、各町になくてはならなかった電気屋さんで、皆が電化製品をそれぞれ馴染みの電気屋さんで買っていたものです。電機メーカーとしても、主な販売店として力を入れていたため、販売ルートを確保するために、メーカー毎の看板を掲げてしのぎを削っていたようです。しかし、量販店の進出によって、どんどん淘汰され今では非...

太陽光発電の販売業者に依頼して、見積もりとシミュレーションが届いた。でも、本当にこの内容は妥当なのだろうか・・・。業者から提出された見積もりやシミュレーションを見ても、本当にその内容が妥当なのか、不安になった経験がある方は非常に多いはず。導入してから相場よりはるかに高い金額だったとか、思ったほど発電量を得られないだとか、嫌な思いをしなくてもよいように、見積もり内容をしっかりと把握して、トラブルがな...

ご存知の通り、太陽光発電システムは汚染物質の排出がなく、運用時の管理にも比較的手間がかからない発電方法です。しかし太陽光を利用するというその特性上、日照時間や設置場所の日当たりの良さなどにより発電量が変動してしまい、安定的な売電収入の見積りが難しいという欠点があります。そのような場合に役に立つのが、太陽光発電での発電量シミュレーションです。今回はこの太陽光発電量シミュレーションについて説明します。...

決定権は我々にはありません、決めたのはお客さんです。」このように開き直る太陽光発電販売業者がいます。太陽光発電を導入したはよいものの、思ったように発電しなかったり、想定よりも早く故障したり、太陽光発電の工業製品である以上、寿命もあれば不良品の確立もあり、また発電量も年によって違いますし、シミュレーション通り行かないこともあるでしょう。さらに、これら偶発的な事柄だけではなく、販売担当者や施工業者の技...