太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電の具体的な導入までの道筋

太陽光発電について興味を持ってから導入するまで、さまざまな情報を取得して、

必要な検討作業をして、発注、完工、運用するまでの道筋を紹介します。

あなたがどのようにしたら最も満足のいく太陽光発電の導入をできるか。

また、何をどのようにして情報収集していけばよいのか。

そして、何を基準にどう判断すれば、損することなく導入できるのか。

そういったさまざまな情報や用語、支援制度など幅広く扱いたいと思います。

まずは、太陽光発電に興味を持った方がまずすべきことです。


チェック

太陽光発電についての情報収集
インターネットや、実際に業者に問い合わせるなどして集めます。

この際の注意点は、さまざまな業者、サイトがあるため情報の善し悪しを、

しっかりと見極める目を持つことです。

間違った情報を元に判断してしまうから損をするのだということを肝に命じましょう。

そういう意味では、当サイトを訪問頂いているのは正解だと思います。


チェック

見積もりとシミュレーションを取得して採算性を確認する
当サイトのコンテンツ太陽光発電で絶対にトクする3ステップで採算性を確認します。

チェック

事前調査・現地調査
現地を調査して、正確な導入費用やシミュレーションの試算をします。

ここで初めて太陽光発電を導入すべきか否かを判断できます。

また、どのメーカーのどの製品を設置するのがよいかもわかります。

チェック

契約
太陽光販売業者と工事請負契約を締結します。

本当に満足のいくプランなのか?

求めているものを確実に手に入れられる見込みはあるのか?

採算性はあっているのか?

このあたりを を見ながら再度検証してください。


チェック

工事着工・完工
工事着工から約2日ほどで完工します。

問題はなかったか業者立ち会いのもと確認作業をして試運転します。

同時に業者による電力申請手続き等が進行します。


チェック

系統連結
電力会社の電線へと電線をつなぐ作業をします。

こうして初めて売電することが可能になります。

チェック

本格運用スタート



太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電に興味を持ったらまずは、情報収集をすることでしょう。インターネットが普及した現在は、おそらくGoogleやYahoo!などの検索エンジンで、太陽光発電に関するキーワードを入力して情報を集めることでしょう。インターネット上には、非常にたくさんの情報が溢れています。太陽光発電についても、販売業者や趣味で記事を書いている人や、アフィリエイトという、広告のようなサイトまで、実にたくさんの情報が存...

太陽光発電を設置するのに当たって、今後どういう具体的なステップを踏むことが必要になるかをお伝えします。この稼動までの全体像を知っていることは、太陽光発電を導入を検討するに当たりとても大切なことになります。なぜなら、多くの人がトラブルに陥ったり、失敗したりするのは、すべてにおいて経験値のなさからくる、予測能力のなさから来ていることが多いからです。つまり、先々どのようなことが起こって、どういうステップ...

あなたにとって本当に太陽光発電は、価値あるものでしょうか?いろいろと情報とるのはよいのですが、そもそもあなたが太陽光発電を導入するのは、本当にメリットがあるのでしょうか?最初から検討するまでもなくあなたにとって太陽光発電は不要なものなのかもしれません。ここでは、あなたにとって太陽光発電が本当によいものなのかどうなのかを、しっかりと見極めるという作業をしてもらいます。もちろん、正確なことは現地見積も...

いよいよ業者の方に来てもらい、設置場所をしっかりと確認してもらうステップです。ここでは、屋根裏から始まってさまざまな調査を行い詳細なデータを取る作業をします。そもそも太陽光発電を設置することができるのか。どのメーカーの設置基準に合致して、どのメーカーの基準には合致しないのか。特別な付帯工事が必要になるのか、なるなら一体いくらかかるのか。実際の現地の状況から日射量はどの程度見込めるのか。周辺状況から...

太陽光発電を導入する場合、太陽電池モジュール、パワーコンディショナーのメーカーや種別、設置容量などさまざまな要素を組み合わせてもっともよいと思われる状態を作ろうとするものです。太陽光発電に望む事柄を明確にして、設置場所という与えられた条件を元に、各要素を組み合わせ方を考えて、見積もり、シュミレーションするすることで、どうすれば望む成果を手に入れるのに効果的かを検証することになります。それが、太陽光...

太陽光発電の設置を検討する際に、必ず取得するのが見積もりとシミュレーションです。※もちろん、実際に導入する際には、現地調査をして正確なデータを取得することが必要ですが、検討段階では、簡易見積もり(現地調査をしない状態で見積もりシミュレーションすること)でも十分です。弊社では簡易シミュレーションを取得することが可能です。※逆に、簡易見積もりやシミュレーションなしに、あなたが太陽光発電を導入して得する...

太陽光発電を導入する決意が固まったら、いよいよ契約です。見積もりとシミュレーションを最終確認して、メーカーや製品を決め、販売店へ発注します。そして、発注後すぐのこともあれば、後日のこともありますが、工事請負契約を締結します。メーカーや金額、工期、請負内容などをしっかりと説明を受けて、きちんと理解した上でサインしましょう。少しでも疑問に思うことがあれば、確認して疑問を解消することをおすすめします。訪...

太陽光発電を導入することが決まったら、設備認定手続きをとることになります。これは、経済産業省に対して全量買取制度の適用を受けられるよう申請をすることで、申請手続きをしてから、認定まで時期にもよりますが1ヵ月程度かかります。経済産業省のほうでは、申請を受けた設備が、法令で定める全量買取制度の適用できる基準にあるのかを審査することになります。※ちなみに、固定価格買取制度における買取単価は、設備認定を受...

太陽光発電は、どのようにして屋根に設置されるのでしょう?屋根は、住宅において雨露をしのぎ強い日差しから家を守り、外気と屋内をわける極めて大切な機能を持っています。大黒柱とならんで、住宅にとってもっとも大切な場所のひとつといってよいでしょう。太陽光発電は、そんな家にとって急所ともいうべきとても大切な屋根に太陽電池を設置するものなので、本当に大丈夫なのかと不安に思われる方もいらっしゃるでしょうし、どの...

太陽光発電システムの設置工事については、施工方法や基準などは、現在法律や法令では定めれられていません。いうなれば、各メーカーが指示するとおりに施工さえすれば、なんら制限がないのが実情です。もっと言えば、メーカーの指示通りに工事しなかったら、施主がメーカー保証を受けられなかったり、販売店が販売代理店としての権利を剥奪されたりするくらいで、公的な罰則を受ける等の規制があるわけではないのです。つまり、あ...

太陽光発電を導入する場合、設置場所の環境や状況に応じてさまざまな工事が必要になることがあります。標準工事は、ただ太陽電池、パワーコンディショナーや接続箱、電力量計などの機器類を設置し、それらを配線工事した上で、逆潮流するための措置を行うことなのですが、古い住宅やさまざまなじょうけんによって、補強作業だったり電線の張り替え作業、延長作業などじつにさまざまな作業が必要になることは少なくありません。ここ...

太陽光発電システムの導入するかどうか選択する場合、たっぷりと時間をかけて検討してから決めたほうがよいでしょう。太陽光発電販売業者が、無理やりあるいは強引に契約を急かしてきても、それに乗ってしまわないように注意すべきでしょう。例えばそれが、目に見えて強引だとはいえなくても、全量買取制度の買取単価下がりますから、、、補助金がなくなりますから、、、今なら決算のため赤字覚悟で○○円特別値引きしますから、、...

太陽光発電で絶対に失敗しないために必要になる3つのステップをまとめました。どうして下記3ステップを踏めば、失敗しないのか?それは、約1,000件に及ぶ成功事例と失敗事例の研究結果から導き出されたものだからです。成功するとはどういうことか、失敗するとはどういうことか。お客様の直接の声をヒアリングして生まれたステップです。大切なポイントはこれです。費用対効果が確実に高くなる価格と性能の明確化=判断基準...

住宅用太陽光発電というと、どうしても一戸建てに設置することを思い浮かべがちです。しかし、太陽光発電は何も一戸建てに限って設置されるものではありません。アパートやマンションなどの賃貸共同住宅においても太陽光発電は設置することができます。このページでは、アパートやマンションなどの賃貸共同住宅に太陽光発電を設置することについて、事例別にわけて解説していきたいと思います。共同住宅とは、一つの建物に複数の居...

太陽光発電を導入するに当たっては、シミュレーションと見積もりを取得して、実際に導入した際に、どれだけ発電するのか、またどれだけ設置に費用がかかるのかを計算して、損益を見定めた上で導入することが、何よりも大切になります。現在は、特に中国製の安価な太陽光発電から国内メーカーの比較的高額・構成の野製品、国内中小メーカーの特徴的な製品まで、幅広い商品を選ぶことができます。また導入した後も、太陽光発電はトラ...

日本において、消費者は法律によって非常に手厚く保護されています。消費者は情報が少なくて弱い立場にあり、業者は強い立場にあるとされるため、弱い立場である消費者を、強い立場である業者から守らなくてはいけないという考え方が根底にあるからです。特に業者が悪いというわけではないですが、仮に業者が悪徳会社であった場合などは、契約条項等で消費者が損したり、リスクを過剰に負ってしまったりするような内容で、契約をし...

太陽光発電は、設置場所の環境によって、発電量が大きく異なります。また、その設置場所に対応できる販売店も違ってきます。販売店は、全国対応の業者から地域密着の会社までさまざまです。太陽光発電の場合、機器代金と工事費用の合計が初期費用となります。機器の代金は、一応メーカー希望小売価格が設定されていますが、販売業者によって大きく違いますし、設置場所によっては工事金額も違います。このように、設置にかかる費用...

太陽光発電を得ることで何を得たいのか・・・。すべての行為には、目的があります。太陽光発電を導入することにも、同様に目的があると思います。それはもしかしたら、経済的な利益を得るために太陽光発電を導入することかもしれません。地球環境のために、少しでも力を尽くしたいのかもしれません。万が一の自然災害の際に、自身のエネルギー源を確保したいのかもしれません。あるいは、周りの影響力ある誰かが導入していて、強く...

太陽光発電は、産業用はもちろん、住宅用についても、投資という側面がついてきます。これは、経済的なメリットを原動力として太陽光発電が普及している以上、動かすことのできない事実ということができるでしょう。もちろん、ただお金が儲かるというだけの投資ではなくて、地球環境や未来への資源の温存といった、環境的な側面から見てもいえる、社会的な投資ということもいえます。投資として太陽光発電を考えた場合に大切になる...

一般的に太陽光発電は、変換効率が高い製品ほどメリットが大きくなると思っている方が多いです。確かに変換効率が高いということは、ある条件下においては、発電量がその分大きくなることを意味しています。しかし、同時に変換効率という指標は、ある条件下においての理論値であって、実際に導入した際に、もっとも多くの発電量を確保できることを示したものではありません。ただ、変換効率が大きいパネルほど、パネル一枚あたりの...

太陽光発電の導入を検討している方にとって、いつ導入するのかということは、非常に大きな関心事であり、悩ましい問題のことと思います。なぜなら、太陽光発電の性能は年々目に見えて向上している一方で、導入価格相場は年々下がっているからです。一方で、全量買取制度の買取単価が下がったり、太陽光発電導入支援補助金がなくなったり、さらに突っ込んで考えると機会損失の恐怖までついてきています。では、太陽光発電はいつ導入...

太陽光バブルという言葉があるくらい太陽光発電は、ものすごい注目を浴び、普及量は年々多くなっています。都会でも田舎でも、住宅地では太陽光パネルが屋根に設置している家を多くみかけるようになり、全量買取制度や売電と言った言葉も、普通に耳にするようになりました。テレビや新聞でも、一時期は毎日のように太陽光発電に関するニュースが報道され、ソフトバンクやオリックス、JRや日本郵政などの巨大企業も続々と太陽光発...