太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

このカテゴリ内の情報はぜひご確認ください。

知って得する太陽光発電情報
陽光発電のお得情報満載!

知ってとくするまる得情報から、太陽光発電の豆知識まで。

さまざまな情報を随時掲載していくカテゴリです。

太陽光発電は猛スピードで普及してますが、
製品としては比較的新しい、歴史の浅い商品です。

1954年にはじめて開発されて、1958年に実用化されました。

実用化といっても、性能は極めて低く、価格も驚くほど高額で、
研究用に電力源を確保できない場所で使用されたに過ぎないものでした。

京セラが日本で始めて住宅用太陽光発電の販売をはじめたのが、
1993年のことなので、実際市場に流通してわずか20年足らずの商品ということができます。

しかも、市場に流通し始めたといっても、訪問販売によって、ほそぼそと流通していたのが現実で、
本格的に普及し始めたのは、2012年7月の全量買取制度の施行後になります。

どんどん出てくる新しい情報

当然、製品としても研究・開発のスピードも速く、どんどん新しい製品が生まれて市場に出回ります。

例えば、これまでは太陽光発電といえば単結晶シリコンモジュールが主流だったのですが、
現在は、パナソニックのHIT(単結晶シリコンとアルファモスのハイブリッド型)やソーラーフロンティアのCISモジュールが、
どんどん比重を大きくしていってます。

価格も安くなり続けますし、全量買取制度や補助金関係もめまぐるしく変わります。

そうなると新しい情報を取得するのが難しくなっていきます。

なぜなら、私のような太陽光発電の専門家は、日々太陽光発電に接していますし、
意識的に最新情報を拾ってくるのですが、そうでない方はそう簡単には情報を得られません。

当然、情報格差が出てくるため、結果的に業者の餌食になってしまいやすいのです。

だからこそ、このカテゴリでは、太陽光発電の最新情報をはじめとした、
知って得する、有益な情報をどんどん発信していきたいと思います。

もちろん、他のカテゴリには属さないような意外な内容も掲載していくので、
定期的にご覧いただき、最新情報を入手して頂けたら幸いです。




太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電のお得情報記事一覧

若いころから一生懸命働いてこられた仕事を勤め上げ、定年退職した。大切に育てた子どもも無事成人した。晴れて、老後の第二の人生のスタートをきる!けれど、年金や日本経済の先行きに不安がある。退職金を銀行に寝かしておいてもお金は増えないどころか預金封鎖のうわさまである。株も怖いし、FXなんて意味がわからない、投資信託にだまされるのもウンザリ。不動産投資はなんだか怖いし、金融商品は信頼できない。先物取引なん...

太陽光発電は、導入後どれくらい「もつ」=耐久するのでしょうか?ここでは、太陽光発電の寿命について解説したいと思います。併せて、実際の耐久性とは違いますが、法律が定める減価償却期間としての、耐用年数についてお伝えします。※耐用年数は、どれだけもつかというものではなく、あくまでも法律上定められた年数で、太陽光発電システムの価値を減価償却して経費として計上するために必要になる考え方です。太陽光発電の寿命...

太陽光発電は、時代のエネルギー源の中心を担うものとして非常に大きな期待をされているため、産官学共同で研究がなされ、ものすごい勢いで性能が向上しています。それは、同じ面積でより多く発電させるための発電効率の上昇だったり、暑さに弱いという弱点を補うための新素材の開発だったり、どんなところでも設置できるように機能を改善されたり、設置場所の負担にならないように軽量化がなされたり、より弱い光をも電力に変換で...

もし、あなたが太陽光発電の導入を検討しているのなら、全量買取制度の買取価格が云々、導入価格が云々だけに捉われて、目先の損得勘定だけで、導入を決めてはいけません。目先の損得勘定は、その後の大きな損得を狂わす危険な指標です。人はともすると、目先の動向予測に惑わされて物事を判断し、長期的な観点に立ったときに、大きな損失を被っていることがあります。かといって、目先の全量買取制度の価格と初期費用を無視して、...

太陽光発電は、ただ安ければよいというものではありません。その場所にもっとも適した製品をもっとも安く導入することが必要です。なぜなら、太陽光発電は初期費用をかけて設置して、そこから作られる電力を活用することで、目的を達することができるようになるからです。つまり、投資するお金に対するリターンを最大化する必要があるということです。投資するお金=導入費用リターン=発電量できるだけ多く発電する太陽光発電を、...

太陽光発電には、蓄電機能がありません。そのため、太陽光発電で作られた電力は、蓄電池を導入しない限りは、常に自家消費されているか電力会社へ売電されているかのどちらかになります。太陽光発電は、太陽光が照射されている間だけ電気を発電するわけなので、基本的には昼間に電気は作られることになり、作られる電力は、すべて、その場で使われるか電力会社へと売電されていくことになります。なので、太陽光発電を導入したら、...

太陽光発電は、設置場所によって得られる利益が大きく変わってくると、当サイト内で何度も繰り返しお伝えしています。もうひとつ、住宅用太陽光発電で利益を左右することになるのが、太陽光発電を設置する家にクラス家族のライフスタイルです。どうして家族のライフスタイルが太陽光発電の利益に影響を及ぼすかというと、太陽光発電が電気を作り出す仕組みなのに対して、家族のライフスタイルは、電気を消費する仕組みになるからで...

住宅ローン用の繰上げ返済用にお金を貯めている方は、非常に多いと思います。貯め方はいろいろありますが、定期預金にしたり、財形貯蓄にしたり、投資で運用したり、普通預金で一定額に達したら返済するなど、さまざまなタイプがあります。そんな中、300万円程度の繰上げ返済用の貯金が出来た方などで、実際に繰り上げ返済にお金を使うか、いっそのこと太陽光発電を設置するか迷っている方がいます。これは、ある面当たり前のこ...

太陽光発電は、設置容量をkWという単位で表現します。このような使い方をされるkWは、公称最大出力といって、JISに規定されて条件に基づく発電量を示しています。つまり、製品ごとの発電量の違いを一定の条件下で計ることで、製品性能を比較検討するために、発電量を測るための前提となる条件を整えているのです。なので、JISに定める条件の下に太陽電池パネルを設置すると、太陽光発電は、基本的には公称最大出力分だけ...

売電収入を目的に太陽光発電を導入する方は、基本的には投資が好きな方が多いのではないでしょうか?投資というのは、種銭を活用してお金を増やす仕組みのことを言います。昔「金持ち父さん貧乏父さん」という本があり、「不労所得」というのが流行した時期がありました。不動産投資やネットワークビジネスなどがもてはやされたのです。実際に、世の中のお金持ちのほとんどの方が何かしらの投資をしており、投資による不労所得でお...