太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電の導入を検討している方へ注意点をまとめています

太陽光発電の相談件数推移
出典:独立行政法人国民生活センターHPより
陽光発電の導入を検討しているみなさまへ。

ご注意ください!
太陽光発電を導入してトラブルにあうケースが増えています。

2012年7月の全量買取制度の全面実施依頼、
非常に多くの方が太陽光発電の導入でトラブルに巻き込まれています。

この記事の一番上に張ってある表は、
国民生活センターに寄せられた太陽光発電取引に関する相談件数です。

2012年からぐっと増えて、2013年も多いのがわかると思います。

2014年は、2013年よりも少し減りましたが、それでも多いのが現状です。

そのうち訪問販売によるものも記載されていますが、
太陽光発電取引全体における訪問販売による取引の割合が減っていることから、
全体すうは、2012年をピークに減っているのがわかります。

しかし、それでも半数以上は訪問販売によるものです。

太陽光発電の導入を検討する際にトラブルに巻き込まれないために

当サイトは、太陽光発電アドバイザーの秋山慎也が、
太陽光発電の導入を検討している方へ「正しい情報」を届けて、
より導入を検討している方にとってメリットが多くなるようにと願いを込めて運営しているものです。

太陽光発電の導入を成功させるには、次のようなことが必要です。

  1. 太陽光発電を導入する目的を明確にする
  2. あなたの設置場所が太陽光発電に適しているか知る
  3. 太陽光発電の正しい情報を得る
  4. 優良な販売店と付き合う
  5. もっとも費用対効果を高く導入する
  6. 定期的なメンテナンスとアフタフォローを受ける

この中でも、特に重要なのが、優良な販売店と付き合うことです。

最終的に太陽光発電は販売店から購入するしかありません。

そもそも太陽光発電を導入して得になるのか検証して、
どのメーカーのどの製品がもっとも効果的かを見極める元となる情報を提示してくれるのが販売店です。

そして、販売店あるいは提携の工事業者によって施工されます。

その後のアフターフォローやメンテナンス、トラブル時の対応も
すべて販売店を通して行うことがもっともスムースになります。

つまり、太陽光発電選びは販売店選びといっても過言ではありません。

そのため、当サイトをご覧いただけたら、しっかりとした販売店を選ぶことができるようになりますし、
判断基準が明確にしてあるため、太陽光発電で失敗することがなくなります。

しかし、すべての方が当サイトをみるわけではありません。

そこで、このカテゴリでは太陽光発電を導入する際の注意点をまとめることにしました。
(少しでも多くの方に見てもらえるよう、注意点だけを抽出してまとめたカテゴリにしたのです。)

このページとこのページの下に紹介してあるページを見れば、
太陽光発電を導入する際にすべき「具体的な注意点」が書いてあります。

もし少しでも参考になるようでしたら、フェイスブックやツイッター、メールなどで、
ご家族や大切な方やご友人、太陽光発電を検討している知人の方たちへ紹介してあげてください。




太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電の導入を検討する際に注意すべき点記事一覧

太陽光発電販売業者の営業マンが話す営業トークにご注意ください。彼らのすべてが悪いのではありません。善良な販売業者がほとんどなのですが、ごく一部、嘘八百を並べ立て、太陽光発電を販売して利益を得たいと考える、悪徳な業者がいるのです。あなたが出会った営業マンが、悪徳営業マンでありませんよう願いますが、可能性がないわけではありませんので、ご注意ください。これは何も、訪問販売業者だからとか、インターネット経...

※実際にパワーコンディショナーの騒音を体験してみてください。太陽光発電を導入する場合、必ず必要になる機器の一つにパワーコンディショナーがあります。パワーコンディショナーは、太陽光パネルで作られた直流の電力を交流に変換する機器で、マイコン制御しているため、稼動している間は、どうしても音を発します。製品によって異なりますが、40デシベル程度の比較的高い音がでますので、気になる方は気になってしまうという...

太陽光発電モジュールが出火するという情報を聞きました。私が直接見たり、聞いたりした事例ではないのですが、あるネットの情報で、民法のテレビ番組で放映されていたとのことです。太陽光発電業界でもあまり知られていない事柄で、ネットの書き込みで見つけたものです。もし、具体的な事例があるのであれば、非常に深刻な問題であり、対策をしっかりととることが必要になるので、いろいろと調べてみることにしました。すると、実...

太陽光発電を導入すると初期費用は、概ね10年以内に回収できることになります。当サイトで推奨している導入規準が、10年以内に初期費用を回収することだからということもありますが、現状早ければ7年くらいで回収できるケースもあるようです。ところが、人生何が起こるかわからないのが現状で、まだ初期費用を回収しきっていないのに、引っ越ししなくてはいけなくなるケースもあると思います。その場合、太陽光発電を持ってい...

太陽光発電の導入を検討している方にとって、今太陽光発電を導入することには、どんなリスクがあるのかは非常に大きな興味のあることでしょう。ここでは、太陽光発電のリスクについて考えられる限りのものを書き出しました。大きくリスクといっても、リスクが実際に現実のものとなった際に与える影響として、経済的なものだけではなく、精神的なものも含まれる場合があります。例えば、液晶テレビを購入した際に、普及し始めた当時...

太陽光発電を導入して、一体何年で元が取れるようになるのか・・・。太陽光発電の設置費用を、太陽光発電で得られる利益で賄うことができるようになる時点。それが、いわゆる損益分岐点ということができます。当サイトでは、導入費用を10年以内に回収できること(年利回り10%)が、太陽光発電を導入する判断基準と案内しています。それは、言い換えれば損益分岐点が10万円であるということができます。ここでは、太陽光発電...

5年以上前に太陽光発電を導入した方の多くが、今よりもずっと高い価格で、今よりもずっと発電効率の低いシステムを導入していて、おまけに全量買取制度の恩恵を受けることができず、最悪なケースでは、導入時に補助金さえももらえなかった時期もあります。2014年度以降も太陽光発電は、太陽光発電導入支援補助金がなくなったため、導入時に補助金をもらうことはできませんが、現状2013年度の補助金をもらって導入するのと...

太陽光発電設置に関する全量買取制度開始以降、太陽光発電についての関心が高まっていますが、それとともに増加しているのが、太陽光発電詐欺です。国のバックアップとメーカー保証に守られており、非常にリスクの少ない投資であることから、太陽光発電は他の投資に比べてはるかに安全な投資であるのが現状です。→産業用太陽光発電が、他の投資よりも人気の理由とは?参照ください。しかし、その安心安全な太陽光発電に対する投資...

せっかく導入しても故障ばかりでは困りますが、太陽光発電システムは故障が少ないことが1つのメリットとなっています。なんと太陽光発電の期待寿命は20年以上もあり、大きな故障も少ないことからメンテナンス費用が抑えられるというわけです。実際に一昔前は、「太陽光発電はメンテナンスフリーです」なんていわれていた頃があったくらいです。今でも販売施工会社や営業の方の中には「太陽光発電メンテナンスコストが抑えられる...

メンテナンスが大切なことは、メンテナンスは必須ですで詳しく解説しました。そこで気になるのが、太陽光発電のメンテナンス費用や維持費ですよね。もし仮に、導入費用を10年で回収できるプランがあったとしても、メンテナンスや維持費で多く経費を取られ、実質的な回収期間が20年に延びたりなんぞしては、元も子もなくなりますよね。メンテナンスをしないと最終的に帰って大きな費用がかかってしまう可能性もありますし、収益...