太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電が電力を発電する仕組みは?

太陽光発電のしくみ
太陽光発電は、どうのようなしくみで電力を発電するのでしょうか?

このカテゴリでは、太陽光発電の仕組みを細かく解説することで、
太陽光が太陽光パネルに照射されることで、どんなメカニズムで発電するのかを解説しています。

確かに詳細な仕組みについては、エンジニアだけが知っていればよいのかもしれませんが、
専門家以外の人も「どうして太陽光を浴びるだけで電力を発電するのか」知りたい方もいらっしゃるでしょうし、
大枠のしくみを知っていることで、いろいろなことを検討するのに非常に役立つと思います。

他のページで取り上げますが、どうして太陽光発電は高温時発電効率が悪くなるのか、
どうして10年、20年と耐久していくのかなど、実際に必要になる知識を得る前提となります。

太陽光発電の実用性のみを検討するなら不要な知識です。

ただ、太陽光発電にどんなメリットやデメリットがあって、
どうやったら実際にあなたにとって太陽光発電を導入することがよいか悪いか判断できるのかとか、
太陽光発電を導入することで被る可能性のあるリスクについてなど実用性のみを情報として収集したい方は、
このカテゴリに書いてあるしくみについては、知る必要はありません。

実際に、メカニズムがどうなのかはまったく関係ないからです。
(冷蔵庫はどんなしくみなのか知らなくても、使っているように・・・。)

たとえば、世界最高の変換効率を誇る東芝の単結晶モジュールよりも、
ソーラーフロンティアのCISモジュールのほうがあなたの土地にはあっています、といわれたとします。

信頼できる業者がいうのだから間違いないと思われて、その業者のいうとおりにするのであれば、
何がどうなのかというメカニズムを知る必要はまったくありません。

実際に場所によっては、上記の例のようなことは多々起こります。

しかし、どうして単結晶モジュールよりもCISモジュールのほうがよいのか、ということを知りたい場合は、
そもそも太陽光発電はどういう仕組みで発電して、発電する素材によってどんな違いがあるかなどを
知っていることで、原因を理解しやすくなるのです。

そういう背景から、より慎重に太陽光発電の導入検討を進めていきたいのでしたら、
当カテゴリ内の記事を参照されることをおススメいたします。

ただし、先ほども書きましたが、冷蔵庫はどういうメカニズムで庫内を冷やしているのか、
どうしてパナソニックのあの型番製品は省エネなのかの原理を知らなくても、
冷蔵庫を選ぶことができるのは間違いありません。



太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

※図の青色は電力会社から購入する電力の流れを示します。※図のオレンジ色は太陽光発電した電力の流れを示します。太陽光発電は上図のような構造になっています。まず、太陽光が太陽電池モジュールに照射されて、太陽光発電とは?で説明したように電気が発電し、各パネルで発電した直流の電力が、「接続箱」に集められています。そして、次にパワーコンディショナーにて直流の電気が交流に変換されて、分電盤から各コンセントへと...

太陽光発電の基幹となる部分が、この太陽電池です。屋根の上の取り付けるパネルのことを指しますが、厳密には、小さな「太陽電池セル」という最小単位の太陽電池が集まって、「太陽電池モジュール(パネル)」という一枚の製品になります。そして、太陽電池モジュール(パネル)を各設置場所の状況に併せて組み合わせて、ひとつの発電単位となったものを「太陽電池アレイ」と呼びます。基本的に市場で流通するものは、太陽光発電モ...

太陽電池モジュール、アレイ、セル太陽電池のしくみ参照接続箱ブロックごとに接続された太陽電池モジュールからの配線をまとめ、作られた電気をまとめてパワーコンディショナーに送るための設備です。つまり、太陽電池が直列で繋がる配線の合流場所ということができるでしょう。ただバラバラに作られる電力を一箇所に集めるだけの設備ですが、電気が逆流しないようにする機能も併せ持っています。パワーコンディショナー太陽電池で...

太陽光発電は、電気を作り出すしくみです。もし仮に、太陽光発電を知ろうと思うのであれば、そもそも、太陽光発電が生み出す電気とは何か、どんな性質を持っていて、どういう原理で発電されるのかを知ることが不可欠になります。なぜなら、原理の原理だからです。しかし、基本的に、太陽光発電を導入する際には、特に知る必要もないことでもあります。なぜなら、太陽光発電を導入することの目的は、原理を知ることではないからです...

太陽光発電システムの導入の仕方については、大きくわけて次のふたつがあります。系統連結系型と独立型です。系統連結系型系統連結系型とは、電力会社の電線網と結ばれているものをいいます。設置場所内に買電による電力網と太陽光発電から供給される電力網が、併設されるだけのものと、逆潮流が可能になったものとの2種類があります。逆潮流できるものは、家庭用であれば余剰電力の売電が、産業用であれば、全量の売電ができるよ...

太陽電池は、素材屋特性、形態等によってさまざまな種類に分類されます。ここでは、現在存在するさまざまな太陽電池の種類について解説します。太陽電池は太陽光発電の基幹となるシステムです。各メーカーがしのぎを削って開発する特徴あるパネルの中で、設置場所の力を最も効率よく活用できるものを選ぶことをおすすめします。そのためには、販売店選びが極めて重要になります。販売店による現地調査、分析、助言が決定的に重要に...

太陽光発電は、どんな場所にでも設置できるわけではありません。また、どうやって設置してもよいというわけでもありません。各太陽光発電メーカーは、それぞれの製品の特徴を活かしながら、安全に設置できるように、設置場所や施工方法などを指定しているのです。その条件を満たさなければ、太陽光発電メーカーによる保証を受けられなくなってしまいます。きちんとメーカー保証を受けられるように、施工基準を満たして導入したいも...