太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電とオール電化の関係性は?

陽光発電を検討している方の中には、
どうせ導入するならオール電化も一緒に導入してしまったほうがよいのでは
と考えている方が多いようです。

確かに、同じ家の電気に関連する工事なので、
別々に施工するのであればいっしょにやったほうが安く上がるでしょうし、
相加相乗効果でメリットが大きくなるのであれば、
太陽光発電を導入するのといっしょにオール電化も導入したらよいでしょう。

販売店としても、太陽光発電にプラスしてオール電化も売り上げが立つのでうれしいでしょう。

このカテゴリでは、主にオール電化についての詳細と、
そもそも太陽光発電とオール電化はどのような関係性があるのかを解説したいと思います。

太陽光発電といえばオール電化

一昔前だったら、太陽光発電を導入するんだったら、オール電化も一緒に、
というふうに言われていました。

その理由としては、関連性が高く相性がよいから、ということと、
よりメリットが大きくなるからというのが理由でした。

むしろ、当時はオール電化のメリットに太陽光発電はあわせ技で販売されているのが実情でした。

つまり、オール電化にすることで、ガスの基本料金がなくなり、
電気の単価が劇的に下がることで、光熱費が大幅に下がるというメリットを、
太陽光発電も含めたシミュレーションにして、全体的なメリットがあるように見せて販売していたということです。

実際に、電気+ガスの家庭は、オール電化にするだけで、光熱費がぐんと下がり、
初期費用を10年ローンで、ローンの支払いを入れても十分利益がでるほどでした。

当時は、まだ太陽光発電の発電効率が低いため、単体では経済的なメリットが乏しく、
初期費用を回収するのに、最低20年はかかるといわれていました。
(昔といってもほんの5年ほど前のことですが・・・)

太陽光発電単体では、物好き意外は買わないといわれた時代でしたので、
そんな大きなメリットのあるオール電化に太陽光発電を組みあせて、
「太陽光発電にメリットがあると見えるように」提案・販売していたわけです。

※現在は、電気代の単価上昇と電気プランの変動で、
以前よりはオール電化のメリットは小さくなっています。

主に訪問販売業者によって広まった

このような太陽光発電にはオール電化という流れは、
上記のような売り方をした訪問販売業者によって広がっていきました。
訪問販売業者をご覧ください。

そのため、いつのまにか、私たちの頭の中で、
知らず知らずのうちに、太陽光発電といえばオール電化という考えが根付いていったのでした。

ところが、詳しく考えてみると、太陽光発電とオール電化は、何も関係ありません。

というのも、
太陽光発電=電気を作る仕組み
なのに対して、
オール電化は=電気を使う仕組み
だからです。

以上のことから、混乱している情報をしっかりとまとめて整理していきます。



太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

オール電化と太陽光発電記事一覧

オール電化とは、住まいをオール電化住宅にすることを指しています。オール電化住宅とは、家庭内で使用するエネルギー(熱)をすべて電気で賄う仕組みで、ガスの供給を断ち切ることで完成します。家庭内で使用するエネルギーとしては、給湯、調理、冷暖房があげられます。給湯器は、エコキュートを導入し、調理器は、IHクッキングヒーターを導入します。多くの家庭で、ガスを使用している確率が高いのは、給湯と調理器なので、こ...

太陽光発電を設置した際に、オール電化も併せて導入することでお得度は上がるのでしょうか?すでにお伝えしたとおり、太陽光発電は電気を作る仕組み、オール電化は電気を使う仕組みです。→オール電化と太陽光発電参照ください。そのため、本当は関係のない事柄ではあるのですが、太陽光発電が訪問販売によって普及してきた関係から、太陽光発電を導入するならオール電化も導入したほうがよいという固定観念が根付いていることも確...

太陽光発電は、必ずしもオール電化とセットで導入しないといけないものではありません。場合によっては、オール電化にするよりも、そのままガスを使い続けたほうがよい場合もあります。あくまでもオール電化と太陽光発電は別物であることを意識して頂けたらと思います。→詳しくは、オール電化のメリット・デメリットをご覧ください。オール電化は、家庭で使うエネルギー源をすべて電気で賄うエネルギーの使い方であるのと同様に、...