太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電とオール電化を同時に入れるメリットとデメリット

陽光発電を設置した際に、オール電化も併せて導入することでお得度は上がるのでしょうか?

すでにお伝えしたとおり、太陽光発電は電気を作る仕組み、オール電化は電気を使う仕組みです。
オール電化と太陽光発電参照ください。

そのため、本当は関係のない事柄ではあるのですが、
太陽光発電が訪問販売によって普及してきた関係から、
太陽光発電を導入するならオール電化も導入したほうがよいという
固定観念が根付いていることも確かです。

また、同じ「電気」関係の事柄ですので、
消費者としての心理的にも、併せて導入するとよいのではないかと連想するのも当然でしょう。

ここでは、太陽光発電を設置した際に、オール電化も併せて導入することのメリットとデメリットを
解説したいと思います。

太陽光発電とオール電化の関係:結論

  • 太陽光発電を導入して、さらにオール電化を導入するのもよい
  • 太陽光発電を導入して、オール電化を導入しないのもよい

繰り返しになりますが、太陽光発電とオール電化はまったく別物なので、
太陽光発電を設置した場合に、オール電化は導入してもしなくても、
正直どちらでもあまり関係はありません。

厳密には、多少の違いは出てきますが、それぞれにそれぞれのメリットがあり、
お互いそれを邪魔することはないからです。

ただし、逆にオール電化にするのであれば、太陽光発電を導入したほうが得になります。

それは、オール電化にした場合の日中の高い電気代の時間帯で、
太陽光発電は発電する時間帯であるため、発電した電力を使用することで、
電気代の削減になるからです。

※電気代は、通常では1kWhあたり24円程度です。
オール電化の場合は、日中は1kWhあたり30円くらい、深夜は10円くらいになります。

一年間を通して考えると、日中あまり電気を使うことはないとは言っても、
休みの日や、仕事の日でも待機電力や冷蔵庫など一定の電気は消費します。

オール電化にした場合の高い電気を、太陽光発電によって作られた電気が補ってくれるのは、
経済的なメリットは非常に大きいことになります。

しかもあまった分は、さらに高額な金額=37円/kWh(2014年度の場合)で買い取ってもらえます。

以上のことから、オール電化にする場合は、太陽光発電を導入するのは、
非常にメリットが大きいということができます。

太陽光発電を設置する際にオール電化にするメリット

逆に、太陽光発電を設置した際に、オール電化にする場合のメリットは、
以下のようなものがありますが、これはオール電化の一般的なメリットです。

  • 光熱費が削減できる
  • 火を利用することがなくなり安全
  • 火災保険でオール電化割引を利用できる
  • IHクッキングヒーターは手入れがしやすい
  • ガスを使わないので室内の空気がきれい

一方で、太陽光発電を設置した際に、併せて導入することによるメリットは、
電気工事が一回で終わるため、どうせオール電化にするのなら、一回で終わらせたほうが安くあがることくらいです。

あとは、太陽光発電は太陽光発電のメリットがそのまま活かされますし、
オール電化はオール電化のメリットがそのまま活かされます。

太陽光発電を設置する際にオール電化にするデメリット
逆に、太陽光発電を設置する際にオール電化にする場合のデメリットは、以下のようなものがあります。

基本スタンスは、上記メリットと同様に、太陽光発電は太陽光発電、
オール電化はオール電化なのですが、一部併設することで生じるデメリットがあります。

  • 初期投資がかかる
  • 日中の電気代が高くなる
  • 家庭から火がなくなる
  • 鍋やフライパンなど調理器具を買い換えることが必要
  • エコキュートが場所をとる
  • IHの発する電磁波が健康によくない可能性がある

太陽光発電を設置した際に同時にオール電化にすることのデメリットは、
日中の電気使用量が増えるため、売電割合が減るということです。

現在、全量買取制度によって、太陽光発電によって作られる電気は、
自家使用するよりも売電したほうが圧倒的に高価になります。

※2014年度に太陽光発電を導入した場合の売電価格は、37円/kWhに対して、
自家使用した場合は、通常で24円、オール電化で30円程度となります。

ただし、高熱費自体は、全体的にオール電化にしたほうが安くなるので、
どちらがお得なのかは、???ということになります。

以上のことから、太陽光発電を設置する際に、オール電化を併せて導入するかどうかは、
太陽光発電を導入するかどうかと切り分けて考える必要があるといえるでしょう。

つまり、そもそも、あなたのお宅をオール電化にしたほうがよいのかどうかを検討するということです。

それはまた別ページで解説したいと思います。

また逆に、現在オール電化か、あるいはこれからオール電化を導入しようと思っている方は、
太陽光発電を併せて設置することをおススメします。

※ただし、太陽光発電は設置場所によって条件が変わりますので、
やはり、太陽光発電は太陽光発電で、その場所でお得になるかどうかしっかりと検証することが大切です。








太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電を導入する際のオール電化にするメリット・デメリット関連ページ

オール電化とは
ここでは、オール電化とは何なのかを解説したいと思います。基本的には電気だけで家庭内のエネルギーをすべて補うようにして、ガスを打ち切りにするh仕組みを指しています。
太陽光発電とガスを併用することのメリットとデメリット
太陽光発電を設置して、オール電化にするのではなくガスを併用することのメリットとデメリットについて解説しました。必ずしもオール電化にすることがベストとは限りません。