太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

2013年度に太陽光発電を導入する時国から助成される補助金

太陽光発電を導入することで助成される補助金は、

一般社団法人太陽光発電協会太陽光発電普及拡大センターが受託しています。


申し込みは、着工前と観光後電力需給開始後の2回必要となります。


ただし、基本的に代理人による申し込みが可能なので、

通常は販売店が代行することがほとんどです。


販売店は手続きに慣れているので、非常に段取りよく申請してくれます。

安心できる業者さえ見つかれば、自身で手続きするメリットは全くないと言ってよいでしょう。


通常太陽光発電は機器代金と工事費用の合計金額を公称最大出力で除した金額、

1kWあたりの単価で価格を表現してます。

※公称最大出力とは、太陽電池モジュールが発電することができる最大出力のことで、

各太陽電池パネルの最大出力を合計したシステム自体の容量のことをさします。

最大出力を計測する条件は、AM1.5、放射照度1,000W/+、モジュール温度25℃と

JISによって規定されているものです。


2013年度国からの補助金概要
(住宅用太陽光発電導入支援補助金)

応募期間 2013年4月17日~2014年3月31日
※期間中でも予算に達した場合、締切る場合があります。
助成金額
2万円~41万円/1kWあたり

20,000円/kW
助成金額
2万円~41万円/1kWあたり

15,000円/kW
補助対象経費
太陽電池、架台、パワーコンディショナー、その他付属機器、及び設置工事にかかる費用

※助成される補助金は、最大で9.99kWまでです。

※現行の太陽光発電システムの流通価格は、30万円~40万円ですので、
通常は1kWあたり20,000円になりますが、設置場所の必要工事内容によっては、
それ以上になることがあります。

交付される補助金の計算例

公称最大出力4.2kWの太陽光発電システムを導入する場合で、
購入価格が168万円(40万円/kW)とすると、

20,000円/kW × 4.2kW = 84,000円 となります。

例えば導入機器が10kW以上の場合は、一律で198,000円になります。
(41万円/kW以下の場合)

参考2012年度国からの補助金
1kWあたりの設置費用が3.5万円~47.5万円以下=35,000円
1kWあたりの設置費用が47.5~55万円以下=30,000円

2012年度から2013年度では4割以上の大幅な助成額の減額になっており、
市場関係者の予測では2014年度は、廃止になるのではと囁かれています。



太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

2013年度国からの補助金について関連ページ

全量買取制度の太陽光発電への適用
太陽光発電を導入することで受けられる助成としてあげられる全量買取制度についての概要を解説しています。買取価格・条件は、年度ごとに異なるので注意が必要となります。
太陽光発電導入時の補助金が打ち切りになったことはデメリットか
太陽光発電は、2013年度を最後に導入時の補助金(太陽光発電導入支援補助金)は打ち切りになりました。果たしてそれは、デメリットなのでしょうか?2014年度以降お得に導入する方法はないのか検証しました。
再生可能エネルギー促進賦課金とは?
再生可能エネルギー促進賦課金とは一体なにでしょうか?一体これは何のために、どんなしくみで運用されて、どうなっていくものでしょうか?太陽光発電を導入する方にはぜひ抑えておきたい制度です。
固定価格買取制度の各電力会社の対応状況まとめ
2014年9月に起こった九電ショック以降の固定価格買取制度(全量買取制度)の運用における各電力会社の対応状況をまとめました。※現状は、2014年11月15日調査日現在のものです。