太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電市場の動向

太陽光発電は、世界各国で爆発的に普及しています。

太陽光発電の累積導入量は、2004年までは日本が世界No1でしたが、

補助金と打ち切りと他の国々での強力な普及で、しばらく日本は停滞し、

2012年時点では、1位ドイツ、2位スペイン、3位アメリカ、4位日本となっています。

これを中国が凄まじい勢いで追いかけてきており、アメリカの伸びも大きくなっています。

逆に、ドイツやスペインなどのヨーロッパ各国では、市場の拡大速度の低迷が、

すでに始まっています。


日本では、2012年7月の全量買取制度の施行依頼急激に伸びており、

2013年度は世界No1.市場になることが予想されています。

当然、家庭用の太陽光発電の伸びも著しいですが、全量買取制度の恩恵を、

もっとも多く受ける産業用太陽光発電の伸びは、それを遥かに凌ぐ勢いで、

前年比9倍もの伸びを記録しています。

※2013年、2014年の太陽光発電の需要数は、中国、日本、アメリカが60%程度まで占めています。

太陽光発電市場図
出典:ソーラーマーケットリサーチ

それは、全量買取制度は、10kW以上の太陽光発電システムを導入した場合、

2013年だと1kWあたり37.8円で20年間固定買取してくれるという特典が旨みだったので、

太陽光発電投資に走る企業や投資家が多いことに起因します。

しばらくは、この流れは継続することが想定されますが、

全量買取制度の買取単価は、年度ごとに見直しがかかることになっており、

年々買取単価が下がっていくことが明言されています。


現に、2012年度は1kWあたり42円だったので、約1割下がったと言えます。

→2014年度はさらに下がって、産業用:32円/kWh(税別)、住宅用:37円/kWhです。


もちろん初期投資金額が低下すれば、仮に全量買取制度の単価が下がっても、

場合によっては投資効果が下がらず、相変わらず市場の拡大が継続することも考えられますが、

現状そんなに大きく太陽光発電相場が下がるとも考えにくい状況です。


当然、世界No.1企業のサンテックパワーが倒産するほど、市場は供給過剰状態にあり、

製品価格はさらに下がる可能性もありますし、これからもしばらくメーカーの淘汰が進み、

実際に倒産する企業も出て、太陽光発電相場を押し下げることも考えられますが、

ユーザーから求められる優良な製品については、原価があることから、

現段階では、必要以上の値下がりは期待できないのが実情です。


なぜなら、太陽光発電は単に安ければよいというものではなく、

飽くまでも非常対効果を追求されるものだからです。

そうするとものすごく安い破格のパネルよりも、性能がよいある程度値の張るパネルのほうが、

選ばれることも多くあるため、必ずしも価格競争にならないのです。


劇的な価格の下落を考えると、半導体の新しい安価な優良な素材の開発普及を

待つしかないというのが実情で、それは2020年頃になると思われます。

また、よく液晶テレビが劇的な値下がりをみせ、メーカーを苦しめたのと比べられますが、

液晶テレビはそのものを使用するのが目的なのに対して、

太陽光発電は先に述べたように発電したもので収益を得る性質があるわけで、

性能による差別化が非常にしやすいことから、家電製品であるという共通項はありながら、

似て非なるものと考えることができると思います。



太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電市場の動向関連ページ

簡単なっとく!5分でわかる初心者のための太陽光発電入門
太陽光発電って何?どんな仕組みで、どんなメリットがあるの?ここでは、太陽光発電初心者のために、簡単になっとく、5分で太陽光発電がわかるよう解説しています。
太陽光発電とは?
太陽光発電とは、一体どのようなものでしょうか?ここでは、太陽光発電とは何なのかという概略を簡潔にお伝えしたいと思います。まずは、そのものについて知ることから全ては始まります。
再生可能エネルギーです。
太陽光発電は、再生可能エネルギー(新エネルギー)とも呼ばれています。これは、従来からある地球資源を消費することで得られる枯渇性エネルギーの対極にあるものとして位置づけられています。
新エネルギーの種類詳細
ここでは、太陽光発電が属する新エネルギーのさまざまな種類について詳細を解説していきたいと思います。それぞれどのような特徴があるのでしょうか?じっくりご覧下さい。
太陽電池モジュールの変換効率とは?|パネルの選び方
太陽光発電の性能を表現する方法の一つとして変換効率というものがあります。太陽電池モジュールの変換効率が高いほど、小さな面積で多くの発電量を期待することができる反面、導入コストは高くなりがちです。ここでは、パネルの選び方の一つの尺度として詳しく解説しています。
ピークカット/ピークシフトとは?太陽光発電との関係性について
電気関連の用語のひとつにピークカット/ピークシフトという言葉があり、太陽光発電の導入を検討している方なら、ちらほらと聞くかもしれません。ここでは、ピークカット/ピークシフトとは何か?太陽光発電とどう関係があるかについて解説しました。
単結晶・多結晶シリコン太陽光発電パネルのメリット
シリコン系太陽光発電パネルのうち単結晶・多結晶モジュールのメリットはどのようなことがあげられるのでしょうか?単結晶と多結晶では何がどう違うのでしょうか?