太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電って何?

陽光発電は、太陽光を集めて電気を作る仕組みです。

太陽光発電のしくみ

太陽電池パネルに光が当たることで電気が発生します。

発生した電気は、パワーコンディショナーという機器で、直流から交流に変換されて、
まずは家の中で使われ、余った分は電力会社に売られることになります。

いままでは電力会社から買っていた電力を太陽光発電システムが作ってくれるので、
自分たちで作った電力を使った分だけ、電気を買わなくて済むことになります。
全量買取制度という制度で電力会社が買い取ることが約束されています。

また、使いきらなかった電力は、電力会社が買ってくれるので、
単に電気代が節約されるだけではなく、ちょっとした小遣い稼ぎにもなってしまうのです。
→通常、購入する電気代は1kWhあたり24円くらいですが、2014年度に導入した場合、
電力会社は、1kWhあたり37円で買い取ってくれることになっているのです。

余剰電力の買取
【転載元:太陽日酸HP

結果、日中太陽が当たっているときは、電力は基本的には自分たちで作ったものを使うようになり、
余った分は電力会社に売り、夜や雨の日など光が差さないときは、これまでどおり電力会社から電気を買うことになるのです。
→厳密には、雨や曇りの日は多少光が差すので、まったく発電しないわけではありません。

一般的な家庭で導入するのが4kW程度で120万円~150万円くらいの初期投資となります。

4kW導入した場合、月3,000円くらい節電できて、月10,000くらい売電収益を得ることになります。

※ただし、設置場所の条件や電力の使用状況によって大きく異なります。

太陽光発電は何がよいの?

太陽光発電は、さまざまなメリットとデメリットがあります。

簡単にまとめましたので、下記ご覧ください。

太陽光発電を導入して得られるメリット
  1. 地球環境に優しいクリーンなエネルギー
  2. 経済的な利益を得られる(節電利益+売電収入)
  3. 非常時の緊急用電力源となる
  4. 代替エネルギーとして地球資源保護につながる
  5. 電力市場全体の節電に貢献できる
  6. 電力の地産地消でロスが少ない
  7. 使用電力の可視化で10%節電になる
  8. 日本中どこでも設置場所を選ばない
  9. 遮熱効果で冷暖房費を節減できる
  10. 家族が喜ぶ

太陽光発電を導入して被る可能性があるデメリット
  1. 初期費用が高額(100万円~かかる)
  2. まだ、火力発電などに比べて発電効率が悪い
  3. 天候に左右されるため、発電量が不安定なこと
  4. 定期的なメンテナンスをする必要があること
  5. 設置場所によって導入できる容量が制限される
  6. 今あるお金が減る「未来への投資」
  7. パワーコンディショナーの電磁波の問題・リスク
  8. 出力抑制・電圧抑制による売電量の減少するリスク

大体こんなものがあげられますが、太陽光発電を導入してメリットを感じられるかどうかは、
設置場所の環境によって変わってきます。

設置場所の向きや角度、日照時間、気温や日影条件によって発電量が変わりますし、
導入する太陽光発電の単価も販売店によって変わってくることが理由です。

そのため、当サイトでは、初期費用を10年で回収できるかどうかを判断基準とするようおススメしています。
太陽光発電を導入した際の損益分岐点を知る|何年で元がとれるか参照ください。

そのために、実際にあなたの屋根や土地に太陽光発電を導入したらどうなるかを調査して、
見積もりとシミュレーションから、あなたにとって太陽光発電はメリットになるかデメリットになるかを検証くださいとお伝えしています。
見積もりとシミュレーションを取得して採算性を確認する参照ください。

また、その見積もりとシミュレーションが、テキトーで信頼性がなければ、机上の空論になってしまうので、
しっかりと優良な販売店に見積もりとシミュレーションを依頼するように心がけます。
高確率で優良な太陽光発電の販売店を見つける方法

太陽光発電導入までの流れ

太陽光発電の導入を検討するところから、導入して稼動するまでの大まかな流れを解説していきます。

ここでは、太陽光発電販売業者が代行してくれる部分については、あまり触れません。

全体的な流れとしてご確認いただけたらと思います。

  1. 太陽光発電業者者に見積もりとシミュレーションを依頼
  2. 見積もりとシミュレーションから採算性を確認する
  3. 現地調査をして、詳細な見積もりを取得する
  4. 必要に応じて相見積もりで価格交渉をする
  5. 最終的な導入するかどうかの判断・発注
  6. 販売店による電力会社への申請等事前手続き
  7. 販売店による工事開始・完工
  8. 電力会社による検査
  9. 太陽光発電稼動スタート

このような流れで進んでいきます。

※詳しい流れについては、太陽光発電の導入の流れカテゴリで各ステップの解説をしています。

あなたがすべきことは、次の通りです。

  1. 太陽光発電販売業者に見積もり依頼をする
  2. 見積もりを比較検討する
  3. 導入するかどうか判断して発注する
  4. 販売店の案内に沿って手続きする

あとは、すべて販売店が代行してくれるので心配要りません。

ただ、見積もりを複数社から取得して、データの妥当性、見積もり価格の妥当性を検証する必要があります。

販売店によって価格がまちまちであることと、残念ながら詐欺的な販売業者もいることが理由です。

しっかりと当サイトで紹介している優良なサイトから見積もりとシミュレーションを取得されることをおススメします。

太陽光発電を導入した後
ここまでが終われば、後は勝手に太陽光発電が電力を発電して、
発電した電気はまずは自宅で使用され、残った電力は電力会社に売電されることになります。

これまでどおり毎月電気の使用量明細が届くことになるのですが、
電気の使用量は明らかに減ることになり、さらに売電収入の明細も届くことになります。

具体的にイメージはできないと思いますので、具体的な事例をお伝えしておきます。

ある家庭で太陽光発電を導入した場合のシミュレーションで、
これは架空のものですが、どこの家庭でもここに示すような感じになります。

具体的にいくらくらいかかってどれくらい儲かるの?
  • 太陽光発電4kWを140万円で購入
  • 年間想定発電量は、4,800kWh
  • 2014年度に導入して、発電した電力のうち30パーセントを自家使用
  • 固定買取制度の適用単価は37円/kWh、購入電力は24円/kWh

年間節電利益は、4,800kWhの30%を使用するわけなので、
4,800kWh×30%×24円/kWh=34,560円
月々の平均節電額は、2,880円です。

年間の売電利益は、4,800kWhの70%売電するわけなので、
4,800kWh×70%×37円/kWh=124,320円
月々の平均売電額は、10,360円となります。

合計の年間想定利益は、124,320+34,560=158,880円なので、
158,880円÷140万円=年利回り11.34%ということができます。

また、140万円÷158,880円=8.81年、
約9年で初期費用を回収することになります。

以上、ご確認いただけたら、まずは見積もり依頼をかけられることをおススメします。



太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

簡単なっとく!5分でわかる初心者のための太陽光発電入門関連ページ

太陽光発電とは?
太陽光発電とは、一体どのようなものでしょうか?ここでは、太陽光発電とは何なのかという概略を簡潔にお伝えしたいと思います。まずは、そのものについて知ることから全ては始まります。
再生可能エネルギーです。
太陽光発電は、再生可能エネルギー(新エネルギー)とも呼ばれています。これは、従来からある地球資源を消費することで得られる枯渇性エネルギーの対極にあるものとして位置づけられています。
新エネルギーの種類詳細
ここでは、太陽光発電が属する新エネルギーのさまざまな種類について詳細を解説していきたいと思います。それぞれどのような特徴があるのでしょうか?じっくりご覧下さい。
太陽光発電市場の動向
2012年7月の全量買取制度の施行依頼、太陽光発電は爆発的に普及しており、2013年度は日本の太陽光発電市場は、世界一になると予想されております。これまでの流れからみる太陽光発電市場の動向をお伝えします。
太陽電池モジュールの変換効率とは?|パネルの選び方
太陽光発電の性能を表現する方法の一つとして変換効率というものがあります。太陽電池モジュールの変換効率が高いほど、小さな面積で多くの発電量を期待することができる反面、導入コストは高くなりがちです。ここでは、パネルの選び方の一つの尺度として詳しく解説しています。
ピークカット/ピークシフトとは?太陽光発電との関係性について
電気関連の用語のひとつにピークカット/ピークシフトという言葉があり、太陽光発電の導入を検討している方なら、ちらほらと聞くかもしれません。ここでは、ピークカット/ピークシフトとは何か?太陽光発電とどう関係があるかについて解説しました。
単結晶・多結晶シリコン太陽光発電パネルのメリット
シリコン系太陽光発電パネルのうち単結晶・多結晶モジュールのメリットはどのようなことがあげられるのでしょうか?単結晶と多結晶では何がどう違うのでしょうか?