太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電のシミュレーションは決定的に大切になります

太陽光発電のシミュレーション
存知の通り、太陽光発電システムは汚染物質の排出がなく、運用時の管理にも比較的手間がかからない発電方法です。しかし太陽光を利用するというその特性上、日照時間や設置場所の日当たりの良さなどにより発電量が変動してしまい、安定的な売電収入の見積りが難しいという欠点があります。そのような場合に役に立つのが、太陽光発電での発電量シミュレーションです。今回はこの太陽光発電量シミュレーションについて説明します。※基本的には太陽光発電は、シミュレーションと見積もりを元に回収計画を立てたり、採算性を検証したりします。当然シミュレーションで出された数値が現実的に発電量からかけ離れていた場合などには、まったく的外れなことになってしまうので注意が必要です。そういう意味で、しっかりとした根拠に基づいたシミュレーションを元に導入判断をするべきということができます。高確率で優良な太陽光発電の販売店を見つける方法でも解説してありますが、そもそもその業者が提出するプラン、データが信頼に足るものであることは、大切な前提条件になるわけです。

太陽光発電シミュレーション概要

太陽光発電シミュレーションとは、太陽光発電設備の設置場所・方位・傾斜・周囲の建物による影の入り方などの情報に基づき、太陽光発電の発電量を算定する手法のことです。現在、ウェブサービスおよびアプリケーションで様々な団体、企業がシミュレーションサービスを提供しています。無料でWeb上から私たちが利用できるものを書くメーカーが提供している場合もありますが、販売店などプロは実際にはそのようなものとはまったく異なるソフトを利用します。なぜなら、正確なシミュレーションをするためです。そのように考えるとメーカーサイトなどで活用できるシミュレーション程度の情報を提示してくる業者は、完全に手抜きと思ってください。なぜなら、太陽光発電は、ソーラーパネルの設置場所の条件によって大きく発電量が異なってくるものだからです。各設置場所の個別の要件・条件をしっかりともうらしない限りより正確なシミュレーションをすることはできないということができるでしょう。

どんなシミュレーションソフトがあるか

代表的な太陽光発電シミュレーションサービスをご紹介します。基本的には誰しもが利用することもできますが、しっかりとした数値を算出するためには、専門業者に依頼するのがベストです。間違っても、メーカーサイトなどのシミュレーターの数値を鵜呑みにしてはいけません。省エネドットコムなど発電シミュレーションを提供していますが、私はそういったものをいつも推薦していません。まったくでたらめなといったら御幣がありますが、現実とは異なるシミュレーションには意味がないと思っているからです。また、モジュールの種類によっても発電量が異なりますので、メーカー毎にシミュレーションする必要は出てくるでしょう。(各製品ごとに特徴があり、出力やパワー、発電損失などさまざまな条件で発電量が決定します。1kWhを発電するのに必要な日射量や環境等も異なるでしょう。屋根の形状や角度などによっても変わってくると考えてよいでしょう。)

無料シミュレーションサービス

現在シャープLIXILなど様々な太陽光発電提供事業者が、太陽光発電シミュレーションサービスをWeb上で提供しています。このようなサービスは設置地域などの限定的な入力項目から簡便に発電量の試算ができるのが特徴です。しかし、あくまで簡易的なシミュレーションですので、設備設置場所の地形の複雑さ、形状など固有の条件を考慮した計算ができないことには注意が必要です。※ただ、一般的にどれくらいの発電量が得られるかを見るくらいでしたら、利用してみるのもひとつかもしれません。

商用ソフトウェア

設置場所・建物の形状などの発電量への影響を正確に見積もるため、様々な商用ソフトウェアが開発・販売されています。以下ではその例を紹介します。
Solar Pro (ラプラスシステム)

太陽光発電計測・シミュレーションソフト開発で20年以上の歴史を持つラプラスシステム社の代表的製品です。
本ソフトウェアでは、3Dグラフィックスを用いた影の影響の解析、精密計算法の採用により、積算日射量から発電量を求める簡易計算に比べ正確な発電量シミュレーションを実現します。さらにグラフやアニメーションによりシミュレーション結果も簡単に可視化することができます。


Eco Planner Pro(エコテラス)

建築基準法の日影計算で30年の実績があるエコテラス社の製品です。本製品では同社の日影解析における経験を生かした、高精度の発電量シミュレーションが特徴となっている。また日差しの太陽光パネルからの反射光の周囲への影響を確認する反射光解析の機能が利用できることも特徴の1つとなっています。


太陽光発電は以前に比べ価格も手頃になってきたとはいえ、高額な投資であることには変わりありません。備えあれば憂いなし。しっかりと信頼できる販売店から、正確なシミュレーションと見積もりを取得していただき、適切な判断をされることをおススメします。併せて次のページもご覧頂くことをおススメします。




太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

注意!発電シミュレーションの根拠は?|太陽光発電のいろはみちしるべ関連ページ

訪問販売業者|太陽光発電販売の草分け的存在
太陽光発電販売の草分け的な存在の訪問販売業者。これまでたくさんのトラブルを引き起こしてきたため、嫌われたり規制されたりしていますが、必ずしも悪い側面ばかりではないのが実情です。太陽光発電の訪問会社について詳しく解説しています。
家電量販店|電化製品ならなんでも揃う親しみ易い販売業者
太陽光発電の販売業者としては、2011年ごろから本格的に進出した家電量販店。電化製品を購入する際に、来店することが多く知名度も高いため、安心して気軽に相談できる販売業者として人気です。
街の電気屋さん|数は少なくなったけれどまだある老舗電気店
近年はあまり見かけることは少なくなりましたが、昔から各町にある小さな電気屋さんも、現在は太陽光発電を取り扱っているところが増えています。地域に密着したきめ細やかなサービスと機動力が強みです。
太陽光発電業者から提出された見積もり内容の妥当性を見極める法
太陽光発電の販売業者から、いざ見積もりとシミュレーションが提出されても、それが本当に妥当なものなのかを見極めるのは非常に難しいと思います。なぜなら、相場があってないようなものなのが太陽光発電だからです。
販売業者の責任とスキル
太陽光発電販売業者には、販売者として大きな責任があります。太陽光発電はすべての場所に適した商品というわけではない以上、どうしても設置に適さない場所というのがあるからです。それは地図やデスクの上では判断できず、常に現場に答えがあるのです。ここでは、販売業者の責任とスキルについて書きたいと思います。