太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

耐久力と高発電効率で安定した人気の三菱電機

三菱電機製太陽光発電
三菱電機は、「生涯発電力で選ぶ」をキャッチフレーズにして太陽電池を販売しています。生涯発電力というくらいなので、耐久性と発電効率に強みを持っているといってよいでしょう。その証拠として総合家電メーカーとしては最長となる20年の出力保証を実施しており、周辺機器も通常10年、有償で5年延長を実施しています。

実際に太陽光発電にとって大切になるのは、目先の発電量や発電効率というよりは、導入してどのくらいの期間で初期費用を回収して、どのくらい長期にわたって利益を生んでくれるかという点であることを考えると、他のメーカー製品と比べてどうかは検証すべきですが、目指すべきポイントは非常に的を得たものであるのは間違いないでしょう。


また、総合家電メーカーらしく太陽光発電+オール電化の「スマート電化」を全面的に提案しているところに他のメーカーとの違いがあります。テレビを発電モニターにしたり、ヒートポンプ式床暖房など、さまざまなエネルギー源を自然の力をトータルに活用しようとする試みが見受けられます。

※ヒートポンプとは、空気中の熱を集めて、熱エネルギーとして利用したり、冷却するのに活用したりする技術です。


スマート電化
スマート電化光熱費シミュレーション

 

三菱製太陽電池の特徴

三菱電機の太陽電池は、最大225Wの高発電効率・大出力単結晶モジュールなのが特徴です。モジュール内に特性の低いセルが混入していると、それが抵抗となって発電量が低下してしまうため、太陽電池セルの特性を平準化させて最大出力値を引き出すようにしています。バス線本数を従来の2本から4本に増やして抵抗を減らし、出力を向上させたり、受光面のグリッド電極と呼ばれる集竃電極を細くすることで、光を受ける面を最大化させる工夫をしています。さらに、太陽電池セルにおけるpn接合形成工程における加熱方式を独自に改善することで、セル内に不純物が混入することを極限まで低減したり、有効な太陽光を反射せずに多くセル内に取り込める表面ガラスを採用しています。※太陽電池が電気を作るのに適した600~700mmの波長の光を反射しにくいガラスをメーカーと共同開発しています。
三菱製太陽電池の特徴
また、日本に多く見られる屋根の形状を徹底的に研究し、全部で243パターンにも及ぶ形状でもっとも多くパネルを設置できるように形状を工夫しています。結果、多彩な形状のモジュールを準備することになり、より多くの発電量を実現することができました。さらに、三菱電機の特徴としてあげられる「生涯発電量」を最大化するために、太陽電池の耐久性に配慮し、塩害地域での設置に完全対応し、耐候性・耐湿性・密封性にすぐれた3層構造によるバックフィルムを取り入れ、フレームやネジには、耐蝕性メッキを使用しています。パワーコンディショナーは、業界初となる階調制御インバータ方式の採用により、パワーコンディショナーでの変換ロスを約44%ロスカットし、電力変換効率97.5%を達成しました。
三菱製太陽電池形状

 

三菱電機の太陽光発電の取り組み

三菱電機は1921年、三菱造船株式会社から電機部門が独立する形で設立されました。事業分野は、重電、産業メカトロニクス、情報通信、電子デバイス、家庭電器、エレベーター、エスカレーター、産業用ロボット、通信衛星、エアコン、炊飯器と、身近なものから宇宙に飛び立つ製品まで非常に多くのものを生産しております。

また歴史的にも有名な三菱財閥のグループなので、資金力も非常に豊富で、技術開発力も抜群です。

そのため、太陽光発電メーカーの中では、もっとも倒産しにくいメーカーのひとつと言ってよいでしょう。

まさに総合電機会社の中の総合電機会社です。

1974年、当時の三菱電機中央研究所で太陽光・熱の有効活用に関する研究開発をスタートしたことが三菱電機の太陽光発電事業の始まりです。1996年には住宅用太陽光発電事業に参入し、1998年には太陽光発電システムエ場を建設、太陽電池の自社製作をスタートしました。2001年には、太陽電池のを年間生産能力25MW(メガワット)に増床し毎年着実に生産能力を向上させてきました。そして、2010年には270MWまでになっています。太陽光発電の中ではあまりメジャーではありませんが、常に一定のシェアを確保しながら、着実な支持を得ているのが実情です。

 

三菱製太陽電池のラインナップと独自保証

先にもお伝えしたとおり、三菱電機の太陽電池は実に多様な形状の製品があります。

以下代表的な製品をまとめてみました。

形状・型番 発電効率 最大出力 メーカー希望小売価格(税別)

長方形モジュール
PV-MA2250K

18.8% 225W 148,500円

長方形モジュール
PV-MA2120K

17.8% 212W 135,700円

ハーフモジュール
PV-MA1100KH

18.4% 110W 72,600円

ハーフモジュール
PV-MA1050KH

17.6% 105W 67,200円

左用台形モジュール
PV-MA1100KL

18.4% 110W 72,600円

左用台形モジュール
PV-MA1050KL

17.6% 105W 67,200円

右用台形モジュール
PV-MA1100KR

18.4% 110W 72,600円

右用台形モジュール
PV-MA1050KR

17.6% 105W 67,200円
スリムモジュールPV-MA1780KW 18.6% 178W 117,500円

スリムハーフモジュール
PV-MA0890KV

18.6% 89W 58,700円

積雪地域対応長方形モジュール
PV-MA2250KS

18.8% 225W 153,000円

フルブラック長方形モジュール
PV-MA2100KK

17.6% 210W 134,400円
三菱製太陽光発電システムの保証内容
太陽電池モジュール 無料20年出力保証(公称最大出力の80%保証)
機器類 無料10年保証
有償保証 機器類の保証期間5年延長(パワコン1台あたり16,000円税別)
三菱製太陽光発電の販売店探しはこちらがおすすめ

以上のとおり、三菱製太陽光発電は非常にクオリティが高くおすすめできるメーカーといえるでしょう。

何よりも、メーカー自体の信頼性が高いことと、耐久性の高さに特徴がありますので、次のような方におすすめです。

  1. 太陽光発電は万が一の保証をより重視したい
  2. 超豪雪地域に設置したい
  3. 塩害地域に設置したい



太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

生涯発電力で選ぶ三菱電機製太陽電池の実力|太陽光発電のいろはみちしるべ関連ページ

発電効率世界No.1|東芝太陽光発電の実力のヒミツ
現状販売されている太陽光発電の中でもっとも発電効率がよいといわれているのが、東芝製単結晶太陽光パネルです。大手家電系メーカーとしては最後発組みの東芝ですが、発電効率No.1のパネルは実際どうなのか検証してみました。
実発電量No.1!ソーラーフロンティアは稼ぐ太陽光発電
昭和シェル石油100%出資の純国産メーカーのソーラーフロンティアは、実発電力No.1といわれる太陽光発電メーカーです。CIS薄膜太陽電池では、世界最大のメーカーで、気象条件に左右されない年間を通して安定した発電量が期待できます。
発電量トップクラスのパナソニック太陽光発電HITシリーズ
現在もっとも人気の高い太陽光発電メーカーパナソニック。高発電効率の単結晶モジュールとアルファモスを併せて高温に強くしたハイブリッド型太陽電池HITが、そのクオリティの高さから支持されています。ここでは、パナソニック太陽光発電のすべてをお伝えしたいと思います。
メーカー別太陽光発電の保証や補償、違いを徹底比較します
太陽光発電は、メーカーによって保証・補償内容がまったく違います。どのメーカーがどんな補償や保証をしているのか、徹底比較、検証しました。
独自のサービスを武器に世界シェアを拡大するシャープ
Webモニタリングサービスなどの独自サービスと、高い技術力と営業戦略で、世界シェアを拡大するシャープ。液晶テレビの圧倒的なブランド亀山モデルを生み出したメーカー力は、太陽光発電においても健在です。
住宅用太陽光発電のパイオニア京セラ
住宅用太陽光発電を日本で始めて発売したのは、京セラです。独自の耐久テストと経験から、その品質は世界的な評価を得ています。多結晶パネルに加えて、現在は単結晶パネルも開発し製品化しています。
世界シェアNo.1を誇った中国サンテックパワー
かつて世界シェアNo.1を誇った中国サンテックパワー社。格安な単結晶太陽電池は、経営再建中ですがいまでも世界的に強い支持を得ています。日本法人も25年という超長期の保証と安さを武器に太陽光発電市場で一定の評価をされています。
PID耐性の認証を取得しているか?
太陽光発電の失敗談としてあげられる2大トラブルの一つ、PID現象について耐性の認証取得をしているか