太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

世界最大の太陽電池メーカー

サンテックパワーイメージ

ンテックパワーは、世界中で累計2,500万枚以上の太陽電池販売の実績を持つ、グローバルな中国の太陽電池メーカーです。2005年にはニューヨーク証券取引所に上場しています。2011年には年間生産量、年間出荷量、累積設置量の3つで世界1位に輝いています。2006年に日本の中堅太陽電池メーカーの株式会社MSKを買収し、サンテックパワージャパン株式会社として日本での太陽光発電モジュール販売事業をスタートしました。日本で30年以上のキャリアを誇るMSKを母体とすることで、現在、日本で最もシェアを伸ばしている企業の一つです。

 主な製品としては、次の3つのシリーズがあります。どれも高品質な単結晶モジュールで、特に新商品のサンクリスタルWem(STP270S-20/Wem)の発電効率は世界最高水準の20.1%を誇ります。また、標準で25年保証を実現しているため、狭い場所でも多くの容量を搭載するのに適しているといえるでしょう。一枚当たりの発電量も最大クラスで270Wというものがあります。

  1. サンクリスタルWem
  2. サンクリスタルWd
  3. ブラックレーベルWdb

ブラックレーベルWdbは、日本の黒瓦を意識して作られたデザイン性の高いモジュールで、 スリムで美しいと評価が高く、発電効率も最大18.5%と高い数値です。STP250S-20/Wdb、STP165S-20/Idb、STP125S-10/Ndbの3つの型番があります。

サンクリスタルWdは、標準サイズのパネルに加えて、ハーフタイプのパネルが準備されているため、設置場所を有効に活用することができます。変換効率も最大で18.8%を誇ります。STP255S-20/Wd、STP130S-10/Ndの2品があります。

先にもお伝えしたとおり、25年の出力保証に加えて、システム機器は10年保証が標準で、有償で15年までロングラン保証が準備されています。また、サンテックパワーモジュールは弱い光でも発電することを強みとしており、曇りの日での発電量が高く、発電シミュレーションの平均119%程度の発電実績があります。

サンテックパワー社とは

サンテックパワーは、2001年に中国で創業し、市場の追い風もあって急激に成長しました。
創業後わずか4年で、世界一上場基準が厳しいといわれるニューヨーク証券取引所において、コーポレートガバナンスなどが評価された結果です。
2011年には、競争過剰な太陽電池市場の流れに耐え切れず、2013年3月には、債務不履行による経営破綻をしましたが、2014年4月に中国の順風光電国債グループが事業を承継して、経営が継続している状態です。一時は、倒産して残されたユーザーの保証はどうなるかと危ぶまれましたが、事業が承継されたことで、とりあえず急場はしのがれたといえるでしょう。

サンテックパワーは実際どうなのか?

サンテックパワーのサンクリスタルWemモジュールは、世界No.1の東芝製単結晶モジュールと同等の発電効率です。
中国製だからとか、日本製だからとかいった理由で、製品を判断することは危険ですが、そのメーカーがどういったメーカーなのかは、ひとつの判断材料としてもよいと思います。例えば、上記のとおり、サンテックパワーは一旦経営破綻していますが、これは業歴の浅い、太陽光発電専業メーカーだったことが原因です。
これが、複数商品を持つメーカーであれば、太陽光が厳しい状態でも、他の商品からの収益で運営していくことができるので、問題なかったと思います。例えば、同じ発電効率を誇る東芝モジュールの場合は、実際は、東芝製パネルといってもアメリカのサンパワー社のOEM供給商品なので、実質的な東芝製ではありません。しかし、販売するのはあくまでも東芝であり、サンパワー社の保証ではなく、東芝の保証がつくことは、私たちユーザーとしては安心な部分ということができるでしょう。
つまり、初期費用がどの程度違うのかという点と、設置されてからどれだけコストがかかって、万が一のリスクがどうなのかを総合的に判断することが必要になるということになるのです。
→この当たりのことについては、太陽光発電で費用対効果を最大化する方法をご確認ください。
また、同じ発電効率で、同じ単結晶モジュールであっても、パネルの作りによって、実際に設置した際の発電量は異なってきます。
それぞれの構造が違うことが原因です。
しっかりと見積もりとシミュレーションを見比べて、よりあなたの設置場所にあった太陽光発電システムを導入することをおススメします。
そのために、最大のパートナーとなる販売店をしっかりと選ぶことが大切になります。
高確率で優良な太陽光発電の販売店を見つける方法をご参照ください。




太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

世界シェアNo.1を誇った中国サンテックパワー|太陽光発電のいろはみちしるべ関連ページ

発電効率世界No.1|東芝太陽光発電の実力のヒミツ
現状販売されている太陽光発電の中でもっとも発電効率がよいといわれているのが、東芝製単結晶太陽光パネルです。大手家電系メーカーとしては最後発組みの東芝ですが、発電効率No.1のパネルは実際どうなのか検証してみました。
実発電量No.1!ソーラーフロンティアは稼ぐ太陽光発電
昭和シェル石油100%出資の純国産メーカーのソーラーフロンティアは、実発電力No.1といわれる太陽光発電メーカーです。CIS薄膜太陽電池では、世界最大のメーカーで、気象条件に左右されない年間を通して安定した発電量が期待できます。
発電量トップクラスのパナソニック太陽光発電HITシリーズ
現在もっとも人気の高い太陽光発電メーカーパナソニック。高発電効率の単結晶モジュールとアルファモスを併せて高温に強くしたハイブリッド型太陽電池HITが、そのクオリティの高さから支持されています。ここでは、パナソニック太陽光発電のすべてをお伝えしたいと思います。
メーカー別太陽光発電の保証や補償、違いを徹底比較します
太陽光発電は、メーカーによって保証・補償内容がまったく違います。どのメーカーがどんな補償や保証をしているのか、徹底比較、検証しました。
独自のサービスを武器に世界シェアを拡大するシャープ
Webモニタリングサービスなどの独自サービスと、高い技術力と営業戦略で、世界シェアを拡大するシャープ。液晶テレビの圧倒的なブランド亀山モデルを生み出したメーカー力は、太陽光発電においても健在です。
住宅用太陽光発電のパイオニア京セラ
住宅用太陽光発電を日本で始めて発売したのは、京セラです。独自の耐久テストと経験から、その品質は世界的な評価を得ています。多結晶パネルに加えて、現在は単結晶パネルも開発し製品化しています。
生涯発電力で選ぶ三菱電機製太陽電池の実力
太陽光発電の導入を検討するにあたっては、そもそも設置するかどうかを判断することと並んで、どのメーカーのどの製品がよいかを調べることはもっとも気になることの一つでしょう。ここでは、各太陽光発電メーカーの特徴を紹介したいと思います。
PID耐性の認証を取得しているか?
太陽光発電の失敗談としてあげられる2大トラブルの一つ、PID現象について耐性の認証取得をしているか