太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電の性能はどんどん向上しています

陽光発電は、時代のエネルギー源の中心を担うものとして非常に大きな期待をされているため、
産官学共同で研究がなされ、ものすごい勢いで性能が向上しています。

それは、同じ面積でより多く発電させるための発電効率の上昇だったり、
暑さに弱いという弱点を補うための新素材の開発だったり、
どんなところでも設置できるように機能を改善されたり、
設置場所の負担にならないように軽量化がなされたり、
より弱い光をも電力に変換できるよう集光能力を上げることだったり、
効果的に光を吸収できるよう光を追尾する仕組みだったり、
太陽光パネルの表面が汚れて発電量が低下するのを防ぐコーティング材だったり、

実にさまざまな分野で研究開発が日夜行われています。

さらに価格はどんどん下がっているので、太陽光発電は導入するメリットが大きくなっているわけです。
→参考記事:太陽光発電はいつ設置すべきか?導入時期の決め方

ここでは、向上する太陽光パネルの最新情報を解説しました。

太陽光発電の性能向上と現状

太陽光発電の性能向上というと、太陽光パネルの性能向上だけを思い浮かべますが、
上記のように、さまざまな形で発電量が多くなるように工夫がなされています。

太陽光パネル自体の性能向上≒発電効率の改善や素材の改善、弱点の克服などは、
導入時期に市場に出ているかどうかが問題になりますが、それ以外の仕組みであれば後付で対応することもできます。

より性能のよいパネルは、開発されても量産されて市場に流通するようになるまでには、
最低でも5年程度の時間がかかるため、ここで紹介しているものは、すぐには購入の選択肢としては
上がってくることはないでしょうし、新商品は数年は価格が高いため、費用対効果が悪いです。

そのため、現状はいまある商品の中からもっとも費用対効果が高いものを選ぶのがベストですが、
10年後、20年後に、増設したり、最終的には交換したりする際に希望として知っておくとよいでしょう。
太陽光発電で費用対効果を最大化する方法参照ください。

現状の太陽光発電で市場の中心となっているのは、単結晶シリコンを素材としたパネルで、
アメリカサンパワー社製のOEM供給を受けている東芝製パネルが世界最高の発電効率(201.%)を誇ります。
発電効率世界No.1|東芝太陽光発電の実力のヒミツ

しかし、単結晶シリコンモジュールは、暑さに弱いという弱点があるため、その弱点を補いつつ、
発電効率のよさも取り入れたパナソニックのハイブリッド型HITも大ヒットしています。
発電量トップクラスのパナソニック太陽光発電HITシリーズ

そして、発電効率は悪いですが、耐久性が高く、暑さに強い新素材CISを使った
ソーラーフロンティア製太陽光パネルは、産官学共同開発で生まれ、安価で実発電量が多いと評判です。
実発電量No.1!ソーラーフロンティアは稼ぐ太陽光発電

さらにこれらは、それぞれの特徴を活かしながら独自の発展をしています。

新素材中心で発電効率の世界基準を向上させています

例えば、シャープは、集光型化合物3接合太陽電池セル(レンズを使って光を集めた化合物型)で、
現在世界最高水準となる発電効率44.4%を達成しているといわれています。(2013年)

もちろん製品化はまだまだ先のことになると思いますが、今後が期待されています。
→参照:シャープホームページ

また、東芝も単結晶モジュールをOEM供給してもらうだけではなく、新素材の開発を急いでおり、
CIGSパネルで世界最高レベルのエネルギー変換効率、20.7%を達成したと報じています。(2013年)

こちらは、2年後の技術の確立を目指しているとのことで、製品化は早ければ3~5年後になるかもしれません。
→参照:東芝ホームページ

パナソニックHITもさらなる研究開発が進んでおり、これまでの技術の延長線上のハイブリッド型で、
世界最高変換効率となる25.6%を研究段階で達成したとのことです。(2014年)

これもうまくいけば、数年内に市場に流通するかもしれません。
→参照:パナソニックホームページ

ソーラーフロンティアも負けていません。CISモジュールで20.9%を達成しています。(2014年)

こちらは、量産現場で即搭載したい意気込みを見せているので、2.3年以内に市場に流通することでしょう。
→参照:ソーラーフロンティアホームページ

このように太陽光発電は、どんどん進化しています。

ここでは紹介しきれませんでしたが、太陽光を自動追尾する仕組みや、液体型の太陽光発電など、
じつにさまざまな取り組みがなされており、今後活用の幅が広がることは間違いないでしょう。



太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電パネルは年々性能向上してメリットが大きくなっている関連ページ

太陽光発電を老後の投資として生きる!
太陽光発電へ投資することで、老後の生活を豊かにする方法を紹介しています。幸せな老後の生活を実現する資産運用の方法として、太陽光発電はローリスクミドルリターンの非常においしい投資として注目されています。
太陽光発電システムの寿命・耐用年数はどれくらい?
太陽光発電システムの寿命はどれくらいなのでしょうか?また、法定耐用年数はどれくらいなのでしょうか?実際の寿命が長ければ、初期費用を確実に回収できるようになります。また法定耐用年数は、減価償却という考え方において必要になります。
太陽光発電は、10年後・20年後どうなっているのか?
太陽光発電を取り巻く環境は、10年後・20年後どうなっているのでしょうか?固定価格買取期間が終了した後、売電価格はどうなっているのか?そのとき、パネルはどのくらい発電効率が落ちているのか?未来予測しました。
太陽光発電を最安値で導入する方法|外せない3つのポイント
太陽光発電を最安値で導入する方法を紹介しています。太陽光発電は、費用対効果が大切です。ただ安ければよいというものではなく、もっとも効果を大きくすることも大切です。ここでは、長期的な観点から本当の意味で、もっとも安く導入するためにはどうしたらよいかアイデアを提供しています。
太陽光発電は夜間・深夜電力をうまく活用しておいしさアップ
太陽光発電を導入すると日中は基本的に電力を太陽光によって賄うことができるようになります。そのため、日中の電力料金は高いけれど、夜間・深夜料金は安い電気料金プランを導入することで太陽光発電はよりおいしさをアップします。
太陽光発電と家族構成|どんな家庭に適しているか
太陽光発電は、どんな家庭に適しているのでしょうか?ここでは、太陽光発電を導入するのに最適な家庭と活用方法についてご紹介します。
住宅ローンの繰上げ返済と太陽光発電導入どちらが得か?
住宅ローンの繰上げ返済用に貯めていたお金で太陽光発電を導入するのと、実際に繰り上げ返済をするのとでは、どちらがおトクでしょうか?論理的に解説しました。
太陽光発電メーカー各社の1kWあたりの年間発電量
太陽光発電の容量を示すkWですが、実際に各メーカーの製品は、それぞれ年間どれくらい発電するものなのでしょうか?1kWあたりの年間発電量を比較検討してみました。
太陽光発電の収入のみで生活するには何kWのパネルを設置?
太陽光発電の収入のみで生活するには、何kWのパネルを設置すればよいのでしょうか?そして、そのためにはどれくらいのお金が必要なのでしょうか?検証しました。