太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電を活用してメリットを得られる家族構成とは?

陽光発電は、設置場所によって得られる利益が大きく変わってくると、
当サイト内で何度も繰り返しお伝えしています。

もうひとつ、住宅用太陽光発電で利益を左右することになるのが、
太陽光発電を設置する家にクラス家族のライフスタイルです。

どうして家族のライフスタイルが太陽光発電の利益に影響を及ぼすかというと、
太陽光発電が電気を作り出す仕組みなのに対して、家族のライフスタイルは、
電気を消費する仕組みになるからです。

電気は、電力会社との契約内容によって時間帯ごとに電力単価が異なります。

また、発電した電力は、まずは家庭内で自家使用されたのち、売電されるからです。

そして、売電単価は全量買取制度の優遇措置で、非常に高い価格で買い取ってもらえるからです。

以上のことから、太陽光発電のメリットを最大化できる家族構成や家庭のライフスタイル、
あるいは、各ライフスタイルによってメリットをより大きくする方法について解説したいと思います。

太陽光発電のメリットを最大化する家族構成は?

太陽光発電のメリットを最大化するのにもっとも良い状態は、昼間家に誰もいないことです。

なぜなら、太陽光発電が電気を作ることができるのは、日中太陽が出ている間だけです。

太陽光発電システムだけでは蓄電機能がないため、発電した電力はまずは自家使用され、
余った分はすべて電力会社に売電されることになります。

通常一般的な電気料金は、概ね1kWhあたり24円なのに対して、売電される電力は、
全量買取制度の適用を受けて2014年度に導入した場合住宅用だと1kWhあたり、
37円で買い取ってもらうことができるからです。

※全量買取制度の買取単価は毎年見直され、導入年度の買取価格が、
住宅用の場合だと向こう10年間継続することになります。
全量買取制度の太陽光発電への適用を参照ください。

同じ発電した電力なのにもかかわらず、自家使用した場合は、1kWhあたり24円の価値となり、
売電された場合は、1kWhあたり37円の価値となるわけです。

つまり、自家使用した場合と、売電した場合とでは、1kWhあたり13円も違ってくるわけです。

したがって、太陽光発電で作られた電気は、できるだけ売電したほうがおトクということになります。

そうなると、日中家にいるとどうしても電力を使ってしまうことが多くなることから、
日中在宅することが少ない家庭ほど、メリットが多くなるということになります。

そうなると、太陽光発電を導入してもっとも大きなメリットを得られるのは次のような家族構成ということになります。
  1. 単身家庭
  2. 夫婦共働きのDINKS
  3. 夫婦共働きの核家族
  4. シングルファミリー

日中在宅でも太陽光発電の利益を増やす方法

では、日中在宅の場合、太陽光発電を導入するのはメリットが少なくなるのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

現状の電気料金が大きく下がるので、それだけでも十分メリットを得ていただくことができます。

ただ、どうしても日中家を不在にする家庭に比べるとメリットは少なくなり、
比較してしまうと大きな差が出てしまうことは否めません。

そこで、より太陽光発電によるメリットを大きくする方法をご紹介します。

それは、電気を使う時間を検討するということと、電気料金プランを見直すということです。

日中電気を使用した場合、太陽光発電によって作られた電力を使うことになるため、
本来は売電したほうがおトクだということを考えるともったいないということができます。

そのため、日中にできるだけ電気を使わないように生活して、
時間を調整できるものについては、夜太陽が沈んでから使うようにするわけです。

例えば、アイロンがけや乾燥機、除湿機や、食器洗浄機、洗濯などです。
太陽光発電のメリット11:遮熱効果で冷暖房費を節減できるも併せて参照ください。

こうすることによって、太陽光発電によって作られた電気を少しでも多く売電することになり、
結果収益が増すということになるわけです。

次に、電気料金プランできないか検討することについてご紹介します。

電気料金は、各電力会社によってさまざまな電気プランが用意されています。
太陽光発電は夜間・深夜電力をうまく活用しておいしさアップ参照ください。

時間帯ごとに電気代が変わるものがほとんどです。

例えば、深夜電気代が安くなるものや、朝晩が安くなるもの、夜間深夜が安くなるものなどで、
どこかの時間帯の電気代が安くなれば、逆にどこかの時間帯の電気代が高くなる仕組みになっています。

日中電気をなるべく使わない上に、太陽光発電が電気を供給してくれるわけなので、
日中の電力単価が高くて、その分夜間の電力単価が安いプランを選ぶのです。

そうすることで、よりメリットを大きくすることができるでしょう。

これらの電気料金プランの変更するには、ライフスタイルによってメリットが大きくなるかどうかを
見極める必要があるのですが、電力会社が最適な電力プランを選べるように、
シミュレーションできる仕組みをHP上に載せているところが多いです。

あなたが契約している電力会社のHPで、ご確認されることをおススメいたします。




太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電と家族構成|どんな家庭に適しているか関連ページ

太陽光発電を老後の投資として生きる!
太陽光発電へ投資することで、老後の生活を豊かにする方法を紹介しています。幸せな老後の生活を実現する資産運用の方法として、太陽光発電はローリスクミドルリターンの非常においしい投資として注目されています。
太陽光発電システムの寿命・耐用年数はどれくらい?
太陽光発電システムの寿命はどれくらいなのでしょうか?また、法定耐用年数はどれくらいなのでしょうか?実際の寿命が長ければ、初期費用を確実に回収できるようになります。また法定耐用年数は、減価償却という考え方において必要になります。
太陽光発電パネルは年々性能向上してメリットが大きくなっている
太陽光発電パネルは、年々性能向上しており、得られるメリットは大きくなっています。これは、太陽光発電が産官学を巻き込んで時代のエネルギー源として非常に大きな期待をされているからです。太陽電池の最先端を記事にしました。
太陽光発電は、10年後・20年後どうなっているのか?
太陽光発電を取り巻く環境は、10年後・20年後どうなっているのでしょうか?固定価格買取期間が終了した後、売電価格はどうなっているのか?そのとき、パネルはどのくらい発電効率が落ちているのか?未来予測しました。
太陽光発電を最安値で導入する方法|外せない3つのポイント
太陽光発電を最安値で導入する方法を紹介しています。太陽光発電は、費用対効果が大切です。ただ安ければよいというものではなく、もっとも効果を大きくすることも大切です。ここでは、長期的な観点から本当の意味で、もっとも安く導入するためにはどうしたらよいかアイデアを提供しています。
太陽光発電は夜間・深夜電力をうまく活用しておいしさアップ
太陽光発電を導入すると日中は基本的に電力を太陽光によって賄うことができるようになります。そのため、日中の電力料金は高いけれど、夜間・深夜料金は安い電気料金プランを導入することで太陽光発電はよりおいしさをアップします。
住宅ローンの繰上げ返済と太陽光発電導入どちらが得か?
住宅ローンの繰上げ返済用に貯めていたお金で太陽光発電を導入するのと、実際に繰り上げ返済をするのとでは、どちらがおトクでしょうか?論理的に解説しました。
太陽光発電メーカー各社の1kWあたりの年間発電量
太陽光発電の容量を示すkWですが、実際に各メーカーの製品は、それぞれ年間どれくらい発電するものなのでしょうか?1kWあたりの年間発電量を比較検討してみました。
太陽光発電の収入のみで生活するには何kWのパネルを設置?
太陽光発電の収入のみで生活するには、何kWのパネルを設置すればよいのでしょうか?そして、そのためにはどれくらいのお金が必要なのでしょうか?検証しました。