太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

2015年度の全量買取制度の買い取り価格予測

の記事では、具体的な未来予測の話をしていきたいと思います。

全量買取制度(固定価格買取制度)の買取価格は、2015年度いくらになるでしょう?

これは、今、太陽光発電の導入を検討している方にとって非常に関心の高い事柄だと思います。

2014年度中に太陽光発電は導入したほうが得なのか、
それとも2015年度まで待ったほうが得なのか、
はたまた、もっともっと待って2016年度以降にしたほうがよいのか。

初期投資として最低でも100万円程度はかかる投資なので、慎重になってしかるべきですし、
どうせ導入するのなら、1円でも多く得したいのは人間の性というものでしょう。

ここでは、そんな悩める方のために、2015年度の買取価格について、
太陽光発電アドバイザー秋山慎也の予測をまとめたいと思います。

大局的な予測については、太陽光発電は今後どうなるか?2015年度以降の将来予測をご覧ください。

※この記事は、2014年9月5日に書いているものです。
まだ2015年度の買取価格を含めた全量買取制度自体の方針がまったく決まっていないことで、
これから状況が変化していくことが予想されますので、新しい情報が入り次第、記事を更新して、
予測を修正していきたいと思います。

2014年度までの全量買取制度

2012年度に始まった再生可能エネルギーの全量買取制度は、
いろいろな問題にも遭遇しながら、発展してきました。

当初から流れを見ているのですが、大方針としては次のような感じだったと見ています。

再生可能エネルギーを普及させるために、太陽光発電を中心として、さまざまな再生可能エネルギーに対して、
買い取り価格をほぼ一律で設置したのが2012年度。

ほとんど手探り状態だったので、試験的な意味合いも込めたのと、
一番大変かつ大切な初動で躓かないように、かなり優遇された価格でスタートしました。

2012年度の買取価格実績:住宅用42円、産業用40円税別

特例で住宅用は全量ではなく余剰電力で、買取期間は10年となりました。

高額な買取価格で、2012年は半分くらいしか期間がなかったですが、
住宅用、産業用とも非常に多くの太陽光発電の導入が進みました。

一方で、産業用に限っては設備認定だけ済まして、買取価格を確保したまま、
太陽光発電相場の下落を待って実際に設置しようとする業者が多発したため、
2013年度には、たくさんの認定取り消しがでました。

2013年度は、初年度より大きく買い取り価格を下げましたが、
初動に乗り遅れた人をはじめ、情報がいきわたり販売店も増えたことから、
2012年度を上回る実績を残しました。

特に産業用の分野の伸びは著しく、太陽光発電ブローカーが出たくらいになりました。

海外製メーカーの伸びも激しく、大手によるメガソーラーから、中小企業、個人、公共団体まで、
幅広い人が太陽光発電の導入に参加しました。

2013年度の買取価格実績:住宅用38円、産業用36円税別

2014年度に入るとその勢いは継続したまま、市場は広がり続けています。

太陽光発電導入支援補助金は廃止になりましたが、
太陽光発電自体の流通相場が下落したことから、そんなに大きな影響を与えませんでした。

買い取り価格は住宅用はほんの少しの下げでしたが、産業用は大きく価格を下げました。

それでも十分メリットのあることから、市場は拡大しています。

一方で、固定価格買取制度の財源となる再生可能エネルギー賦課金の上昇や、
メガソーラーが増えたことで、一部地域の電力会社の受け入れ態勢が追いつかない問題等があり、
太陽光発電が過度に優遇されているのでは、と全量買取制度の見直しを検討する分科会が発足したのも
2014年度の3月ころだったと記憶しています。
参考:特定非営利活動法人環境エネルギー政策研究所

2014年度の買取価格実績:住宅用37円、産業用32円税込

【参考資料】
太陽光発電の市場推移

2015年度の全量買取制度予想

これらの状況を踏まえて、全量買取制度は2015年度次のようになることを予測します。

ちなみに、全量買取制度は当初からスタートから3年間は優遇することが明記されていましたので、
2015年度以降は優遇幅が劇的に落ちることを予測する人もいます。

しかし私は、太陽光発電は日本のエネルギー政策の旗艦となるものと思っていますので、
このまま普及速度を低下させるのではなく、現状の普及状況に照らして、適切な措置がとられると思っています。

また、2,000kW以上の特別高圧のいわゆるメガソーラーが拡大している一方で、
それ以下の産業用太陽光発電も住宅用は、メガソーラーほどの普及率でないことも加味して予測しました。

【2015年度全量買取制度予測~太陽光発電編~】
住宅用太陽光発電
買取価格:35円/kWh 固定買取期間:10年

産業用用太陽光発電2,000kW未満
買取価格:30円/kWh税別 固定買取期間:20年

産業用用太陽光発電2,000kW以上
買取価格:28円/kWh税別 固定買取期間:20年

このように、産業用太陽光発電がメガソーラーとそれ以外とに分けられると予測します。

そして、買取価格は、相応に下がるという予測です。

以上、2014年9月5日時点での予測となります。

これらはあくまでも一個人の予測であり、実際は異なる結果となる可能性は大いにありますことをご了承ください。



太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

全量買取制度の太陽光発電への適用は2015年度以降どうなる?関連ページ

太陽光発電は今後どうなるか?2015年度以降の将来予測
太陽光発電は、今度どうなるのでしょうか?2012年度から火が付き、急激に拡大した太陽光発電市場の2015年度以降の将来予測を記したいと思います。
太陽光発電協会の予想|2020年以降市場の伸びは鈍化する
太陽光発電市場は、今後どうなっていくのか、太陽光発電協会が予測を発表しました。協会の予測によると2030年度には2013年度の7倍の1億kWに拡大し、化石燃料1兆円分に上るとのことです。詳しく解説しました。
太陽光発電の市場規模|矢野経済研究所資料からみる今後の動向
太陽光発電市場規模は、今度どのようになっていくのでしょう?市場分析で定評のある矢野経済研究所が発表している資料から、今後の動向を検証しました。
太陽光発電は今後伸びる可能性はあるか?
当サイトでは、太陽光発電市場予測を更新しています。さまざまな情報ソースを元に予測をしていますが、実際に今後は伸びる可能性はあるのでしょうか?考え方を記したいと思います。
九州電力による太陽光発電の買い取り中断が今後及ぼす影響は?
2014年9月24日九州電力は、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーの全量買取制度に基づく電力の買い取りを中断することを正式に発表しました。今後に与える影響はどのようなものがあるのでしょうか?全体像に迫りました。
北海道電力、東北電力、四国電力も買い取り中止に!一体どうなる
2014年9月30日、九州電力に続き北海道電力、東北電力、四国電力も全量買い取り制度の設備認定を一時停止することを発表しました。この先、太陽光発電は、一体どうなってしまうのでしょうか?
再生可能エネルギー負担金が1,000円近くまで上昇すると試算
太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度における優遇措置は、各電力使用者による再生可能エネルギー賦課金によって賄われています。この金額は、現状平均的な家庭で大体月200円くらいなのですが、現在設備認定を受けているものがすべて稼動した場合、1,000円近くになると経産省は試算しました。
今後売電できなくなるから太陽光発電は導入を見送ったがよい?
電力会社に再生可能エネルギーを中心とした電力の買い取り中止騒動で、現在太陽光発電の導入を検討している方の中には、もう売電できなくなるから太陽光発電は導入を見送ったほうがよいかという質問を頂くようになりました。専門家として詳しく解説します。
経済産業省が太陽光発電の参入凍結を検討
2014年10月12日の日経新聞にて、太陽光発電の参入凍結を経済産業省が検討していると記事が掲載されていました。ここには、どういった意味が隠れているのでしょうか?太陽光発電アドバイザーの考えを検証しました。
再生可能エネルギー政策の大きな見直し速報
2014年9月突然の九電による再生可能エネルギー買取の中止発表を受けて、国も全量買取制度の見直しを進めています。ここでは、2014年10月15日に行われた再生可能エネルギー政策見直しのための課題点を話し合われた内容を整理解説しました。
太陽光発電所ネットワークに加入しました
特定非営利法人太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)に加入することができました。太陽光発電所ネットワークは、文京区にある非営利団体で2,600人以上の方が加入する団体です。ますますのスキルアップと会員さんとの情報交換するための加入です。さまざまな事例をより多く収集して、よりよい情報発信につとめます。