太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

考えられる付帯工事について解説しました。

陽光発電を導入する場合、設置場所の環境や状況に応じてさまざまな工事が必要になることがあります。標準工事は、ただ太陽電池、パワーコンディショナーや接続箱、電力量計などの機器類を設置し、それらを配線工事した上で、逆潮流するための措置を行うことなのですが、古い住宅やさまざまなじょうけんによって、補強作業だったり電線の張り替え作業、延長作業などじつにさまざまな作業が必要になることは少なくありません。ここでは、一般的に考えら得れる付帯工事についてどのようなものがあるかを開設してみました。

ちなみに、付帯工事は標準工事費に含まれないため、完全に通常の価格からプラスオンされる形になります。

現場調査をしないと正確な見積もりができないといったのは、このためです。

実際に導入にいくらかかるか、最低でも3社程度は現場調査をしてもらった後に見積もりを取得することをおすすめします。(※付帯工事内容に妥当性を検証するために、比較検討が必要になるため。→見積もりとシミュレーションを取得して採算性を確認する参照ください。)


分電盤交換

分電盤とは、それぞれの部屋に電気を分けるほか、漏電遮断器(漏竃ブレーカー)や配線用遮断器(安全ブレーカ)等が取り付けられている装置のことをいいます。[単相二線]の状態では連系運転ができないため、「単相三線」であるかどうかの確認を行います。

 単柤三線でない場合は、工事日より以前に電力会社へ電力系統の切替申請を行ったうえで、電力会社と同日の切り替え工事が必要となります。

また、この工事に伴い、あとでで説明する「幹線張替作業」も必要となります。


 主開閉器やリミッター、漏電ブレーカ等を必要に応じて単品で交換できることもありますが、基本的にはこのような交換作業を必要とする場合は築年数が経過している場合が多いため、分電盤そのものを交換したほうが効率的です。 また、この他、漏電ブレーカが交換できない場合も分電盤ごとの交換が必要となります。
漏電ブレーカーから一次側の容量は太陽光発電の公称最大出力と同等以上にすることが必要になります。

単相二線・単相三線

いずれも一般家庭に電気を引き込む方式ですが、単相二線式では、100Vの電気機器しか使えません。単相三線方式では、200Vの電気機器を使用することができます。


幹線張替作業

 単相三線でなかった場合には、幹線張替作業が必須であることは既に説明しましたが、その他、太陽光発電システムの容量により、既存幹線の許容量を上回ってしまうことがあり、その場合においても幹線張替作業が必要となります。

 この際、配線の長さも見積りの際重要であるため、できるだけ正確に把握する必要があります。

こうした幹線張替作業がある場合は、当然ながら「停電状態が幹線張替なしの場合と比較すると、長くなることに注意してください。


 また、引き込み線の地上高が3m以下の場合や、窓、ベランダ等から容易に手が触れるような場所、道路横断箇所の地上高によっては、引き込み点の変更も必要となります。その他、引き込み線の張替に伴い、引き込み点の強化を指示される場合もあり、各電力会社の「内線規定」に従って、確認することが必要になります。

「内線規定」・・・電気設備技術基準を補完する民間自主規格を定めたもの。


グリーンメーター取り付け工事

 グリーンメーターは正式名称「総発電電力量計」と呼ばれるものであり、パワーコンディショナから出た交流電気のすべてを計量するためのものです。

基本的には、年1回の計量を行いやすい場所(他の電力量計の並び等)に設置します。

 既存の計量計の取り付け状況によっては、近接した設置が不可能であったり、施工費用が高額になったりする可能性があります。


グリーンメーター取り付け例
※太陽光発電アドバイザー公式ガイドブックより


屋根裏補強工事

 取り付け予定の太陽光発電システムの施工工法、メーカー指示工法によっては、屋根裏や屋根材下での補強施工が必要となる場合があります。

太陽電池モジュールは、軽いとはいえ屋根に設置する場合全体で重量は数百キロに及ぶことがあります。

屋根の上は、風や雨や雪などさまざな状況にさらされるため、過酷な状態においても保持できる体制を築くことが必要になります。

したがって、太陽電池を設置する屋根面が、太陽電池を支えられないような場合や、メーカー指定する工法が実施できない場合、屋根裏を補強することが必要になります。まれに販売店によっては少しでも安く導入価格を抑えるために、この必要な補強工事を不要と説明する方もあります。しかし、太陽光発電は10年、20年運用していくものなので、最初手を抜くと後々痛い目に遭う可能性がありますので、慎重に判断するようにしましょう。複数社見積もりを取得した際に、もっとも慎重な意見を述べる業者を信頼して吉です。

太陽熱温水器の撤去等

 太陽光発電システムの設置前に、太陽熱温水器が設置されている場合は、設置スペースの関係もしくは顧客の要望や、エコキュートの設置等の状況において、太陽熱温水器の移設もしくは撤去といった作業が発生することがあります。撤去後、もともと設置してあった場所は周辺部分と比較して、変色の度合いが異なったり、質感の違いが明らかであったりすることがあるため、そのような場合を想定して、塗装業者の手配が必要かどうか、確認をとっておくことが重要です。場合によっては費用が多くかかることが多いでしょう。

太陽熱温水器………太陽光に含まれる赤外線を熱として利用して水を温める装置のことをいいます。※長期使用の温水器の移設は配水管等が非常に弱くなっている場合が多く、その部分の取り換えも事前に調査しておくことが必要です。また、夏期の撤去作業時、ソーラー温水器の中から、高温の湯がでる場合があるため、内部の水抜きが必須になります。

現場状況

 基本情報として、築年数、構造、コンディション、設置階、梯子をかけるスペース、工事関係車両の駐車スペース(顧客の車の処置と工事車両の処置)、作業スペースをチェックすることが必要になります。これは安全無事に太陽光発電の設置工事を行うために必須になり、工事がスムースにできない場合は、設置不可となることがあります。隣地からしか機材を搬入や出入りができない場合や、設置屋根面下が隣家の駐車場になっている場合等については、着工前挨拶で了解が得られるのか、別の方法を考えておく必要があるのか、住宅密集地であればあるほど、気をつけておく必要があります。

機器の設置場所

 パワーコンデイショナ、接続箱、モニターユニット、太陽光ブレーカ等、設置可能スペースがあるかどうかについて確認するだけでなく、設置場所について、事前の協議することが必要です。望み通りにならないこともありますし、追加費用をかけることで、設置場所を変えることもできます。遠慮せず、しっかりと話し合いをしましょう。




太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

付帯工事とはどのようなことが考えられる?|太陽光発電のいろはみちしるべ関連ページ

太陽光発電についての情報収集
太陽光発電に興味を抱いたらまずは、情報収集をしましょう。インターネット上には、非常にたくさんの太陽光発電に関する情報が溢れています。その中からしっかりと正しい情報を提供している優良サイトを見つけましょう。当サイトはそんなサイトであると自負しています。
太陽光発電設置までのプロセスと設計のポイント
太陽光発電を導入するのにあたり、どのようなプロセスを経て稼動に至るのかの全体像をまとめました。一番最初に考えるべきは、どのようにして太陽光発電は設置されていくのかの全体像を把握して、当初の計画、設計をしっかりと練ることです。無計画は失敗を計画することという格言にもあるとおり、当初の意図が何よりも大切になります。
見積もりとシミュレーションを取得して採算性を確認する
実際に太陽光発電を導入したほうがよいのか、悪いのかを見極めるために非常に重要なステップです。具体的に導入を検討する前段階のステップなので、簡易見積もりというシステムを活用していきます。
事前調査・現地調査をして最終確認をする
実際に業者に設置場所に来てもらい、そもそも太陽光発電の設置が可能かどうか、周辺状況や日照状況に併せた想定発電量、導入費用の最終見積もりなどを判断してもらいます。検討段階で最も大切なステップとなります。
提案書・提供プラン選択のポイントは?
太陽光発電を導入する場合、どの販売店から、どのメーカーのどの商品をどのくらいの容量をいくらで導入するかは、全体的な目的を遂げることができるかどうかという点において、成否を握る極めて重要な点になります。ここでは、販売店からの提案書、提供プランをどう選択するかのポイントについて解説しました。
太陽光発電の見積もりとシミュレーションの見方
太陽光発電を導入するためには、費用対効果を明確にする必要があります。そのためには、見積もりとシミュレーションを取得しないといけません。もちろん現地調査をしないと正確なデータはでませんが、簡易見積もりでもとりあえずは、概算計算することができます。
契約と施工から系統連結・本格運用まで
いよいよ太陽光発電を導入する決断を下して、実際に発注、契約、そして施工から系統連結を済ませて本格的に運用するところまでが始まります。ここからが本当の意味での太陽光発電生活のスタートとなります。
太陽光発電の設備認定手続きとは?
太陽光発電の導入が決まったら、全量買取制度の適用を受けるため、環境省に設備認定の手続きをする必要があります。ここでは、設備認定手続きについて解説します。
太陽光発電の屋根への施工方法はどうする?
太陽光発電は、どうやって屋根に取り付けるのでしょうか?ここでは、日本でよく見られる屋根の形状別の施工方法について解説しました。
各機器を設置する具体的な施工プロセスは?
太陽光発電の各機器を設置する具体的なプロセスについて解説しました。何よりも求められるのは、屋根そのものの本来の機能を損ねず、安全性を第一にした完璧な施工です。
契約時の注意!|トラブルを回避するための意思決定
だれもだまされたくて太陽光発電を導入したいと思う人はいません。すべての人が何かしらの欲求を満たすために買い物をします。太陽光発電も同様のはずですが、消費者センターに寄せられる相談は多くなり続けています。ここでは、契約時の注意とトラブルを回避するためにどう意思決定すべきかをまとめました。
太陽光発電で絶対にトクする3ステップ
太陽光発電に興味ある方が、絶対に損することなく、もっとも安い価格で、費用対効果も最も高く導入するために必要な3つのステップを紹介していきます。これだけで太陽光発電を導入するのに必要十分な情報を得ることができるようになります。
賃貸共同住宅と太陽光発電|マンションやアパートはどうか
アパートやマンションなど、一戸建て以外の賃貸共同住宅に太陽光発電を導入する場合は、どのようなことに注意すべきでしょうか?ここでは、太陽光発電と賃貸共同住宅についての考え方をまとめました。
高確率で優良な太陽光発電の販売店を見つける方法
太陽光発電の導入で成功するかどうかを決めるのは、販売店選びといっても過言ではありません。ここでは、高い確率で優良な販売店を見つける方法をご紹介します。
太陽光発電を契約する際にクーリングオフが適用される条件とは
太陽光発電についてあらゆる情報を網羅して、整理してお届けします。再生可能エネルギーの本命と言われ2012年より普及期に入った太陽光発電。これからどうなっていくのか。導入することで果たして得することが多いのか。設置することはどんな意味があるのか。中立の立場から情報提供していきます。
太陽光発電で費用対効果を最大化する方法
太陽光発電は設置場所によって発電量は異なりますし、そもそも販売店によって導入価格が異なることから初期費用も大きく違ってきます。ここでは、あなたが太陽光発電を導入して費用対効果が最大化する検討方法・導入方法について解説しています。
太陽光発電導入の目的は何かを明確化すること
太陽光発電の初期費用を回収する期間はどれくらいか
太陽光発電を導入して、初期費用を回収するまでには、どれくらいの期間を要するのでしょうか?ここでは、太陽光発電を導入した際のメリットを最大化するための具体的な回収期間の目安とそのための考え方についてまとめました。
太陽光発電は、変換効率が高いほどメリットは大きいのか?
太陽光発電の性能を測る一つの指標として用いられる変換効率。一般的に変換効率の大きいパネルほど性能が高くて価格も高い傾向があり、メリットがあると思われがちなのですが、それは本当なのでしょうか?
太陽光発電はいつ設置すべきか?導入時期の決め方
太陽光発電の設置を検討している方にとって、いつ導入するかは悩ましい問題だと思います。年々パネルの性能は向上し、価格も下落する。一方で全量買取制度の買取単価も下がっている。さらには機会損失という恐怖もある。ここではいつ導入するのがもっともメリットが大きくなるのか、解説したいと思います。
太陽光発電の設置費用はどのくらい?公認アドバイザーが応えます
太陽光発電の設置費用はどのくらい?ブームといえるくらいに普及が加速している太陽光発電、どのくらいの費用で設置できるのか気になる方も多いはず。これから導入するかどうかを検討する方のために、設置費用はどのくらいなのか、住宅性能検査協会公認太陽光発電アドバイザーが解説します。