太陽光発電のいろは「みちしるべ」
MENU

太陽光発電は、こうやって機器を取り付けるのです

陽光発電システムの設置工事については、施工方法や基準などは、現在法律や法令では定めれられていません。いうなれば、各メーカーが指示するとおりに施工さえすれば、なんら制限がないのが実情です。もっと言えば、メーカーの指示通りに工事しなかったら、施主がメーカー保証を受けられなかったり、販売店が販売代理店としての権利を剥奪されたりするくらいで、公的な罰則を受ける等の規制があるわけではないのです。つまり、ある面、国や行政からの強制が一切ない状態となっているわけです。

もちろん、建築や電気工事にかかる部分については、建築基準法、電気工事士法などの法律で定められていますが、太陽光発電の場合、一部これらの分野に抵触はするものの、ほとんどが直接関係してこないことが多いです。ここでは、太陽光発電の施工基準の目安になるものとして、「住宅用太陽光発電システム設計・施工指針および同指針補足」(2007年財団法人新エネルギー財団住宅用太陽光発電システム施工品質向上委員会によるもの)をあげておきたいと思います。

ただし、この指針についても、あくまでも「太陽光発電の設置工事に望まれる事柄」ということを表明したにすぎず、結局「指針」は指針にすぎないため、なんらの法的な拘束力はありません。また、業者に対してなんら指針を強制する何ものもないのが実情で、あくまでも施主の合意する施工業者の善意に負かされているわけです。→だからこそ、やはり優良な販売店を選ぶことは極めて重要になるわけです。

住宅用太陽光発電システム設計・施工指針および同指針補足

この指針では、太陽電池パネルとして、次の3種類を対象と定めています。
  1. 屋根置き型モジュール‥取り付け金具、支持瓦、架台などを介して、屋根に取り付けられる
  2. 屋根材やモジュール‥屋根材としての機能を有し、下地または屋根構造材に直接収り付けられる
  3. 陸屋根型モジュール‥所定の方位と設置角度が得られる専用の架台を介して、建物の屋上に取り付けられる

 設置工事では、何よりもまず、屋根自体の機能を保持すること、つまり、耐久性、防水性を満たし、安全性を担保できる強度を持っていることが求められています。屋根置き型の場合、取り付けた後に想定される太陽電池モジュールと屋根の合計の重さに耐えられることはもちろん、台風のときなどの大きな風圧がかかったときにかかる荷重が、モジュールの耐荷重性能や施工方法によって決まる取り付けの強度を越えないこととされています。

特に軒先、けらば、棟など屋根の外側にある部分は、屋根の中央部分と比べると風圧による荷重がどうしても大きくなってしまうことを視野にいれておく必要があります。 また、パネルは直接か、あるいは架台に固定した
状態で支持物を用いて屋根の主要構造材に取り付けることが規定されています(これは各メーカーも垂木に取り付けることなどと具体的に規定があります)。長期的に運用していくためにも、、屋根・家に求められる要件をクリアした場所にのみ太陽光発電を設置する必要があるのは間違いないでしょう。なぜなら、太陽光発電は設置してすぐにメリットを得られるものではなく、10年単位で運用することで始めて当初求めたメリットを得ていく性質のものだからです。

太陽光発電施工のプロセス

 太陽光発電の設置工事は、大きくわけて次の3つの段階にわけることができます。
  1. 太陽電池パネルの設置
  2. パワーコンディショナーや接続箱、電力量計等の各種機器の取り付け
  3. 電気配線工事
 太陽電池パネルを屋根に設置するには、まずは屋根材に架台を取り付けるところからはじまります。架台は、各太陽光発電メーカーが専門の架台をパネルとセットで販売していますので、基本的にはメーカーの指定する架台を使います。架台は主に、錆びにくい材質の鋼やアルミ合金製であることが多いです。※建材一体型のパネルの場合には、架台は不要となります。架台を設置したら、設計した枚数の太陽電池パネルを取り付け、電線をつなぎ、アース工事を行います。

次にパワーコンディショナーや接続箱、電力量計等の各種機器を収り付けます。パワーコンディショナーは、製品によって室内型か屋外型に分かれますが、いずれも壁にかけかけるタイプが主流になっています。もし屋外型なのであれば、日陰になるような場所で、雨風が当たりにくいところに設置します。また室内型の場合は、なるべく風通しの良くて、湿度や温度が上下しにくい場所、かつ日中稼動した際に音がしても差しさわりのないを選びます。→太陽光発電のパワーコンディショナーの騒音にご注意ください参照ください。そして、全体的な配線をつないで工事は完成になります。

設置工事が終わったら、逆潮流できるよう、電力会社と契約を結ぶことになります。電力会社の系統(配電線網)と連系するためには、電力会社への申請と手続きが必要で、系統連系時には電力会社の職員さんが立ち会うこととなります。系統連結工事は1時間程度で終わり、いよいよ運転開始となります。

まず試運転で問題がないかチェックしてもらうことはもちろんですが、いざ運転開始となった後も、途中で異常がないかを発電モニターなどで定期的に日々チェックすることをおススメします。このモニターによる発電量の監視だけでも、さまざまなことをデータとして知ることができるため、節電効果を得られたりするものです。設置して終わりではなく、長期にわたって、「運用していく」心構えでいるようにしましょう。

【屋根置き型標準施工のプロセス例】
施工プロセス
出典:株式会社ソーラーリフォーム清水勇介著:絶対に失敗しない太陽光発電の選び方より



太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。


太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。

太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

各機器を設置する具体的な施工プロセスは?関連ページ

太陽光発電についての情報収集
太陽光発電に興味を抱いたらまずは、情報収集をしましょう。インターネット上には、非常にたくさんの太陽光発電に関する情報が溢れています。その中からしっかりと正しい情報を提供している優良サイトを見つけましょう。当サイトはそんなサイトであると自負しています。
太陽光発電設置までのプロセスと設計のポイント
太陽光発電を導入するのにあたり、どのようなプロセスを経て稼動に至るのかの全体像をまとめました。一番最初に考えるべきは、どのようにして太陽光発電は設置されていくのかの全体像を把握して、当初の計画、設計をしっかりと練ることです。無計画は失敗を計画することという格言にもあるとおり、当初の意図が何よりも大切になります。
見積もりとシミュレーションを取得して採算性を確認する
実際に太陽光発電を導入したほうがよいのか、悪いのかを見極めるために非常に重要なステップです。具体的に導入を検討する前段階のステップなので、簡易見積もりというシステムを活用していきます。
事前調査・現地調査をして最終確認をする
実際に業者に設置場所に来てもらい、そもそも太陽光発電の設置が可能かどうか、周辺状況や日照状況に併せた想定発電量、導入費用の最終見積もりなどを判断してもらいます。検討段階で最も大切なステップとなります。
提案書・提供プラン選択のポイントは?
太陽光発電を導入する場合、どの販売店から、どのメーカーのどの商品をどのくらいの容量をいくらで導入するかは、全体的な目的を遂げることができるかどうかという点において、成否を握る極めて重要な点になります。ここでは、販売店からの提案書、提供プランをどう選択するかのポイントについて解説しました。
太陽光発電の見積もりとシミュレーションの見方
太陽光発電を導入するためには、費用対効果を明確にする必要があります。そのためには、見積もりとシミュレーションを取得しないといけません。もちろん現地調査をしないと正確なデータはでませんが、簡易見積もりでもとりあえずは、概算計算することができます。
契約と施工から系統連結・本格運用まで
いよいよ太陽光発電を導入する決断を下して、実際に発注、契約、そして施工から系統連結を済ませて本格的に運用するところまでが始まります。ここからが本当の意味での太陽光発電生活のスタートとなります。
太陽光発電の設備認定手続きとは?
太陽光発電の導入が決まったら、全量買取制度の適用を受けるため、環境省に設備認定の手続きをする必要があります。ここでは、設備認定手続きについて解説します。
太陽光発電の屋根への施工方法はどうする?
太陽光発電は、どうやって屋根に取り付けるのでしょうか?ここでは、日本でよく見られる屋根の形状別の施工方法について解説しました。
付帯工事とはどのようなことが考えられる?
付帯工事とは、太陽光発電システムを設置するにあたり、必要となる最低限の工事にプラスして、状況に応じて施工が必要になるものです。付帯工事は標準工事費対象外となることが多いので注意が必要です。
契約時の注意!|トラブルを回避するための意思決定
だれもだまされたくて太陽光発電を導入したいと思う人はいません。すべての人が何かしらの欲求を満たすために買い物をします。太陽光発電も同様のはずですが、消費者センターに寄せられる相談は多くなり続けています。ここでは、契約時の注意とトラブルを回避するためにどう意思決定すべきかをまとめました。
太陽光発電で絶対にトクする3ステップ
太陽光発電に興味ある方が、絶対に損することなく、もっとも安い価格で、費用対効果も最も高く導入するために必要な3つのステップを紹介していきます。これだけで太陽光発電を導入するのに必要十分な情報を得ることができるようになります。
賃貸共同住宅と太陽光発電|マンションやアパートはどうか
アパートやマンションなど、一戸建て以外の賃貸共同住宅に太陽光発電を導入する場合は、どのようなことに注意すべきでしょうか?ここでは、太陽光発電と賃貸共同住宅についての考え方をまとめました。
高確率で優良な太陽光発電の販売店を見つける方法
太陽光発電の導入で成功するかどうかを決めるのは、販売店選びといっても過言ではありません。ここでは、高い確率で優良な販売店を見つける方法をご紹介します。
太陽光発電を契約する際にクーリングオフが適用される条件とは
太陽光発電についてあらゆる情報を網羅して、整理してお届けします。再生可能エネルギーの本命と言われ2012年より普及期に入った太陽光発電。これからどうなっていくのか。導入することで果たして得することが多いのか。設置することはどんな意味があるのか。中立の立場から情報提供していきます。
太陽光発電で費用対効果を最大化する方法
太陽光発電は設置場所によって発電量は異なりますし、そもそも販売店によって導入価格が異なることから初期費用も大きく違ってきます。ここでは、あなたが太陽光発電を導入して費用対効果が最大化する検討方法・導入方法について解説しています。
太陽光発電導入の目的は何かを明確化すること
太陽光発電の初期費用を回収する期間はどれくらいか
太陽光発電を導入して、初期費用を回収するまでには、どれくらいの期間を要するのでしょうか?ここでは、太陽光発電を導入した際のメリットを最大化するための具体的な回収期間の目安とそのための考え方についてまとめました。
太陽光発電は、変換効率が高いほどメリットは大きいのか?
太陽光発電の性能を測る一つの指標として用いられる変換効率。一般的に変換効率の大きいパネルほど性能が高くて価格も高い傾向があり、メリットがあると思われがちなのですが、それは本当なのでしょうか?
太陽光発電はいつ設置すべきか?導入時期の決め方
太陽光発電の設置を検討している方にとって、いつ導入するかは悩ましい問題だと思います。年々パネルの性能は向上し、価格も下落する。一方で全量買取制度の買取単価も下がっている。さらには機会損失という恐怖もある。ここではいつ導入するのがもっともメリットが大きくなるのか、解説したいと思います。
太陽光発電の設置費用はどのくらい?公認アドバイザーが応えます
太陽光発電の設置費用はどのくらい?ブームといえるくらいに普及が加速している太陽光発電、どのくらいの費用で設置できるのか気になる方も多いはず。これから導入するかどうかを検討する方のために、設置費用はどのくらいなのか、住宅性能検査協会公認太陽光発電アドバイザーが解説します。